FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『くすぐりに堕ちて』

『くすぐりに堕ちて』



日本のとある都市にそびえ立つ、ここ、柴底学園では国の学校制度改革で先日決定された『小中高における精神体力向上プロジェクト』の導入試験が行われることとなった。
その一環として、この柴底学園では今月から約3ヵ月間の間、試験的に『集団くすぐり』の授業が導入されることとなったのだ。
このプロジェクトは学園に一任され、そこでデータを測定し提出してもらいたいとのことだった。
一任された学園側では、早期的にこのプロジェクトに関する会議が行われた。
その結果として、体力的に小学生にはこのプロジェクトの対象とするには身体的に不適合であると判断された。
そこで、授業の疑似体験という形での参加を小学校側に依頼し、授業の被験者としては中学校、高校から生徒の派遣という形で授業が執り行われることとなった。
こうしてこのプロジェクトは開始されることとなった。

【View.和良野 亜衣】

「ということで、今回の被験者を選ぶこととなった。選出基準は特にないとのことだが、相手は小学生だ。お前らが暴れたら小学生には手の着けようがないからな、消去法で女子から選出することとする」

担任の先生の朝一番のこの宣言にクラス内、特に女子からは不満の声が上がった。
もちろん私もその一人である。

「じゃあ俺が適当に指名するからな。恨み妬みのないように。そうだな……今日は15日だから……1+5で6番。出席番号6番は……榎本か、じゃあ今回は榎本ということで決定だ」

あ、良かった私じゃなくて。
そんな事をクラス中の女子たちが考えている中、私の隣の席ではその榎本さんがどんよりとした空気を出していた。
ここはフォローしてあげた方が良いかな……。

「だ、大丈夫よ夕莉。相手は小学生なんだし……ほ、ほら、遊んでると思えば……ね?」

私のフォローに榎本 夕莉は私の方を向いた。

「亜衣は他人事だと思えるからそんな風に……」

「そ、そんな事……あるかも?」

「よし、亜衣。掃除当番1週間代わってあげるから」

「結構です。頑張って下さい榎本さん♪」

「あんたそれでも親友か!?」

「選ばれたのは夕莉じゃない。これも神様の定めよね」

この時、夕莉を宥めていた時の私はまだ考えもしなかった。
この後、まさかこの被験者を私が引き受けることになろうとは――。
そして夕莉が小学校へと派遣される日がやってきたのだが……。

「えー今日、榎本は風邪で欠席だそうだ。ということは、だ。榎本の代理で被験者を選出しなければならないわけだが……。榎本と一番仲が良いのは誰だ?」

担任の言葉にクラス中が一斉に私の方を向いた。
え、マジ……。

「わ、私?」

「じゃあ代理は和良野で決定だ。早速、小学部棟に向かってくれ。あ、持ち物は体育着だそうだ」

「……はい」

全く……夕莉のやつ逃げたなぁ……。
そしてあろうことかこの私に押しつけて……。
明日、復讐してやる。


―その頃の夕莉さん―

「あーお布団ぬくぬくぅ~♪」

ズル休みを惰眠で楽しんでいた。


私は気乗りしなかったものの、こうなってしまっては抗いようがない。
半ば諦めた気分で小学部棟へと足を進めた。
小学部棟へと到着すると、小学校の先生に更衣室へと通された。

「ここで着替えて体育館へ向かって下さい」

「あ、はい」

私は先生の指示に従い、素早く体育着に着替えるとそのまま小学校の体育館へと向かった。
体育館へと到着すると、すでに小学6年生と他の被験者の生徒が待機していた。

「はい、じゃあ全員揃ったところで、これから『くすぐり』の授業を始めます。今回、協力してくれるお姉さんたちに自己紹介をしてもらおう」

先生のフリで私たちは順番に自己紹介をしていく。
そして私の番が回ってきた。

「えっと、和良野 亜衣です。今日はよろしくお願いします」

私が挨拶を終えると、早速、受け持ちの割り振りが決められた。
6年生が4クラスで被験者が8人。
つまり、1クラスの半分を一人で受け持つこととなる。

「じゃあ、和良野さんは2組のBグループの担当でよろしく」

「はい」

私の持ち場を割り振られると、私は2組Bグループの元へと移動する。
私が移動した先には明らかに何かを企んでいそうな笑顔を浮かべる子どもたちが待ち構えていた。
なんかすごく不安なんですけど……。

「じゃあ、被験者のみなさんは目の前にセットされたベッドの上に寝転がってください」

先生の指示に従い、私は目の前に用意されたベッドに横たわる。
すると、先生が一人一人の被験者の両手両足をベッドの上にX字の形になるように固定していく。
私のもとにも一人の先生が訪れ、私の身体を両手両足が動かないように固定してしまった。
私がいくら力を入れてもビクともしない。
本格的に拘束されてしまったようだ。
そんな私を囲った子供たちは15人。
こんなの……無理。
そんな私の気持ちなどお構いなしに、先生の無情な開戦宣言が下される。

「それでは、これから始めるが、今日は初回なので、授業に慣れ親しんでもらうことを優先に、とにかく楽しく自由にくすぐるということで」

「はーい」

先生の言葉に小学生たちは楽しそうな声をあげる。

「それじゃあ、実際にやってみよう。始めてくれ」

開始の合図で、小学生たちの群れが一斉に私たちにとびかかる。
その瞬間、体育館に複数の笑い声が響き始めたのだ。

「あっはっはっはっはっはっはっはっはー!! やだぁあああああっはっはっはっはっはっはっは!!」

「ひゃはははははっ!! くすぐったいよぅっはっはっはっはっはっはーっ!!」

体育館に響く声を耳に受けながら、私は身を震わせた。
くすぐったさが迫りくる感覚に腰が引けてしまう。
だが、そんなことに構っていられないほどのくすぐったさがあっという間に私の身体の中に駆け巡り始めたのだ。

「ひぃ!? ひゃぁあ!? きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

子どもたちの小さな指が私の身体を数百本という規模で支配し始めた。
それぞれの指の動きには誤差があり、その誤差が私の感覚を狂わせていく。

「やははははははははっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはーくすぐったぁいっひぃいひひひ!!」

ここまでのくすぐったさは今までに感じたことはない。

「やだぁはははははあはははははっ!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! や、やみぇぁはははははは!!」

耳、首筋、うなじ、腋の下、胸、鎖骨、脇腹、お臍、腰、太もも、膝、足の裏に至るまで、身体のほとんどの場所に指が通っているのが解る。
このくすぐったさがどこから来るものなのかが自分でもよくわからない。

「おねーちゃんコチョコチョ弱いね」

そういいながら、私の顔を覗き込み、反応を楽しむように腋の下をまさぐってくる男の子。
私はただひたすら笑顔で笑うしかない。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! よ、よわいのぉ!! だ、だからやめへよぅ!! うきゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

休む暇なく襲い来るくすぐったさが私の身体から離れない。
くすぐったい。
くすぐったくておかしくなっちゃう……。

「ねぇねぇ、どこが一番弱いの?」

今度は私の脇腹をくすぐっている女の子が私にこう声をかけてきた。
だが、全身からジワジワと伝わってくるくすぐったさからは、どこが一番くすぐったいのかなんてことは特定もできなかった。

「あはははっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひぃーううっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

私が答えを出し渋っていると、楽しそうだった女の子の表情は一変した。

「なに? 無視しちゃうんだ? だったら、もっとキツくしちゃうよ?」

私を見下しているかのような、圧力のある表情に私は圧倒された。
その瞬間だった。
私の身体に密着していた子供たちの指が一斉に緩やかな動きから激しい動きへと変化したのだ。
もちそん、それに伴って私が感じるくすぐったさも増した。

「だぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ちょ、やみゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

私が激しく笑い悶えていると、女の子はさらに続けた。

「ハッキリと言わないお姉さんがいけないんだから。さぁ、どこが一番くすぐったいの?」

「きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わ、わかんにゃはぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! わかんないよぅーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「そんなんで誤魔化されないからね? 早く言わないともっとやっちゃうよ?」

「あっはっはっはっはっはっはっはっは!! やらぁー!! やだよっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ほ、ほんとにぃひひひひひぃわかんないのっ!! やっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

私は笑いすぎで次第にお腹が痛くなってきた。
筋肉痛に似た痛みに耐えながらも口からは溢れ出す笑い声の所為でうまく息が吸えない。

「お、おにぇがぁっはっはっはっはっはっはっは!! た、たしゅけひぇぇっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!! にゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! お、おなかいひゃいよぅっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

百数本の指が激しく不規則に私の体中を這いまわり、くすぐったさに支配され続けて数分、私の思考力はすでに奪われ、くすぐったさから頭が次第に真っ白になってくる。

「あーっ!! お姉さんイチゴのパンツはいてるぅー」

「えっ!? あ……きゃーっ!?」

くすぐりに気を取られているうちに、数人の男の子が私のブルマを下げていたのだ。
私は子どもたちの視線が私のパンツに向いていることに気づくと、恥ずかしさで顔が真っ赤になる。

「そんな歳で子供っぽいパンツはいてるのね♪」

「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! いやぁ!! いわないでぇっへっへっへっへっへっへ!!」

「身体だって子供っぽいもんねぇ~胸だって小さいし」

「やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

くすぐりながら、私のコンプレックスを突いてくる子どもたちに、私の受けるダメージは倍増する。
私だって……胸はコンプレックスなのに……。

「こんな敏感じゃあ、エッチもできないんじゃない?」

「ひゃははははははははっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! そ、そんなことぉっはっはっはっは!! ないっもんっ!! うひゃはははははは!!」

「あ、口答えしたぁ? みんな、もっとコチョコチョしちゃお♪」

女の子の先導で、子供たちのくすぐりは更に激しさを増す。
体中をうじゃうじゃとはい回る無数の指先から送り込まれるくすぐったさは私が今までに経験したことのないような刺激だった。

「うっひゃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? だみぇぇえっへへっへっへっへっへっへへへへへへへーっ!!」

私は口を大きく開け、口いっぱいに笑い声を放つ。

「やだぁはははははははははっ!! いやだぁははははははははははははははーっ!! くすぐったいくすぐったぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! あはははははっ!?」

くすぐられながら私は気付いた。
……あ、嘘!?
と、トイレ……トイレに行きたいよぅ……。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ま、まっひぇ!! あはははははははっ!! ちょっとまっひぇぇっへっへっへっへっへ!!」

尿意を催した私は、必死で子供たちを止めようとする。
このままじゃ……。

「みゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だ、だめぇーっ!! だめなのぅっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

このままじゃ……力が抜けて……。

「あはははははは!! お、おねがいぃひひっひひひひひっひっひいぃっくっひひひひ!! たいむぅーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「タイムなぁーし♪」

「こ、このままじゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! もれちゃうぅっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! もれちゃうのぉっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「え、もれちゃうって何がぁ?」

ワザとらしく子供たちはニヤニヤしながら私を見つめてくる。
きっともう彼らには答えが解っているはずだ。

「お、おにぇがぁっはっはっはっはっはっはっはいぃひひひひひ!! お願いだからっはっはっはっはっはっはっは!! やめてよっ!! うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

もう悲痛の叫びだった。
とにかくもらしたくなかった。
その一心で制止を試みたのだが、子供たちは聞く耳を持ってはくれなかった。
そして、ついに私の我慢も限界が訪れた。

「やはははははっ!! お、おねがいしますっ!! や、やめぇっへっへっへっへっへっへっへっへーっ!! あはははっはっはっはっはっは……あ、あぁっ……!?」

笑いすぎて身体に力が入らなかったのが原因だ。
私はベッドの上にシミを作ってしまったのだ。
それにいち早く反応したのはやはり子供たちだった。

「あーあー。お姉ちゃんおもらししちゃったぁー」

「ねぇ、どうする? どうしちゃう?」

私は恥ずかしさと悲しさから泣き出してしまった。

「お、お願い……ひっく、い、いじわるしないでよぅ……っく」

「お姉さん泣いちゃったよ?」

「いいよ。どうせコチョコチョすれば笑っちゃうから♪」

そういうと子供たちは私に休む暇など与えずに再び指を激しく動かし始めたのだ。

「きゃっはっはっはっはっはっは!? な、なんでよっきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もうやだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「おもらししたんだからお仕置きしないとだよねぇ?」

「そうだよねぇ、わたしのパパもわたしが悪いことしたらコチョコチョしてくるよ」

「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! も、もう許してぇっへっへっへっへっへっへっへ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「おもらししてごめんなさいは?」

子どもたちは私を虐めるようにくすぐってくる。
私はこれ以上擽られたくない。
この地獄から抜け出したい。
その一心で彼らに謝り続けた。

「ご、ごめんにゃひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃっひひひひひぃっくあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! おねがいだきゃらも、もうやめひぇくらさいぃっひひひひひ!! も、もうやめへよぅっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

執拗に身体をまさぐられ失禁したことを責め続けられる。
私はどうしてこんなことをされているのだろう。

「も、もうやらぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひぎゃぁっはっはっはっはっはっは!! だ、だれかたしゅけへっへへぇっへっへっへっへっへっへ!! あっひっひひひひぃっきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くしゅぐったいのいやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

そんなことを考えながら私の意識はゆっくりと遠のいた。

「あーあ、お姉ちゃん壊れちゃったぁ♪」

無邪気な……いや、楽しそうな子供たちの声を耳に受けながら――。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2015/08/07(金) 01:53:49|
  2. リクエスト小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 4

ありがとうございます!
自分の考えた変態シチュをここまで形にしてくれるなんて感激です!
小学生のドS感がいいですね、やっぱり年下に責められるのって屈辱感あって最高です
これからもいい小説待ってます!
  1. 2015/08/07(金) 10:23:30 |
  2. URL |
  3. 1010
  4. [ 編集 ]

1010 さん>

遅れまして申し訳ありませんm(__)m

これからも頑張りますですハイ。
  1. 2015/08/07(金) 23:36:15 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

初めまして!いつもAkrisさんの素敵な小説を読んで楽しませて持っています。
私も是非Akrisさんに自分の考えたシチュエーションを小説にして欲しく、リクエストしたいのですが、よろしいでしょうか?
  1. 2015/09/17(木) 04:29:21 |
  2. URL |
  3. SKY
  4. [ 編集 ]

SKYさん>

コメ返遅れまして申し訳ございませんm(__)m

素敵……だと……!?

ありがとうございますToT

リクエストだいじょーぶですよ♪

リクエスト専用ページに詳細を書き書きしていただければAkrisがニヤニヤしながら執筆しますw
  1. 2015/09/20(日) 23:28:14 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX