FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ハンゲキ』

『ハンゲキ』

『ニセコイ』 ―橘 万里花 編―



「そろそろポジションをはっきりさせましょうか?」
「万里花、そんな事言うために私を呼び出したわけ?」
ある日の放課後、千棘と万里花は自分たちの教室に2人残っていた。
まわりの生徒はすでに下校済み。
彼女たちも本来ならばいつもどおり、楽たちと下校を共にするはずなのだが、今日は万里花の呼び出しを受け、2人して教室に残っていたのだ。
「そんなこととはなんです? 大事なことですわ。私と桐崎さんの立場をはっきりとさせなければいけませんからね」
万里花の言葉に千棘はため息をついた。
「そんなの、アンタは友達、私は彼女。それだけじゃない」
今度は千棘の言葉に万里花がため息をつく。
そしてそのまま口を開くと千棘を牽制する。
「桐崎さんは倦怠期という言葉を知っていらっしゃいます?」
「倦怠期って……」
「そう、楽様と桐崎さんがお付き合いを始めて1年が経ったというのに……あまり進展が見られませんわ。そもそも浮いた話も出てこないではないですか」
「うっ……そ、それは!!」
「もっと言ってしまえば、昔ほど互いにダーリン、ハニーと呼ぶ回数が減った気がしますわ」
「……」
鋭い万里花のツッコミに千棘は言葉も出ない。
それも無理はない。
最初は互いに無理して演じていた偽の交際関係。
それも1年が経てば互いに理解も生まれ、信頼も生まれてきた。
自然に交際関係を演じることができるようになっている。
そしてそれが当たり前であるようになってしまったのだから。
だが、偽の恋人関係であることを知らない万里花にとってはその不自然→自然の変化が倦怠期と捉えられたのだ。
ここで千棘が楽との交際はニセの関係である、偽恋人であると言ってしまえばそんな誤解も解消されるのであろうが、それはできなかった。
もちろん公にすることで楽と千棘の家庭関係の亀裂が生じることを懸念してというのが主な理由であったが。
この時ばかりは千棘には別の感情があった。
というのも恋のライバルである万里花に楽との関係が偽物であると告白することを許すことができなかったのだ。
もし告白してしまえば、万里花のことだ。
今まで以上のアプローチを楽に向けることだろう。
ましてや両親の決めた許嫁なのだから……。
そんな状況の中、万里花は追い打ちをかけるように千棘に決定的な一言を投げた。
「もしかすると、楽様も桐崎さんに飽きたのでは? さすがに楽様もお気づきになられたのですわ。ゴリラさんよりも、私という一輪の華の方が美しいと――」
そう万里花が語っている最中だった。
千棘が我慢の限界を超えたのは。
千棘は超人的な速さで万里花の背後を取ると、そのまま後ろから万里花を抱きかかえた。
「言いたいことはそれだけかしら……?」
「……いつの間に背後にっ!?」
万里花は突然の出来事に唖然とする。
だが、千棘はそんな万里花の様子を感じつつも譲歩しようとはしなかった。
「じゃあ次は私のターンね」ニコニコ
「目、目が笑っていませんわよ……」
「大丈夫、あんたもすぐに笑顔にしてあげるから」
「い、いえ、目が笑っていないのは桐崎さ――ひぃっ!! きゃぁんっ!?」
突如、万里花の脇腹にとてつもない刺激が走った。
千棘が万里花の脇腹を揉んだのだ。
「ちょ、桐崎さんっ!? な、なにを……」
「ん? なんでしょうねぇ?」
一切表情を変えずに千棘はそう言い捨てると、万里花の脇腹を激しく揉みしだき始めた。
すると、万里花は身体をビクンと大きく跳ねさせ笑い始めた。
「きゃっひゃぁんっ!? なぁ!? きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
万里花は何とか千棘の腕から逃れようと身体を反らして抵抗する。
だが、千棘の怪力とひ弱な万里花の力の差は明らかだった。
「あはははははははっ!! ちょ、やめっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーひぃっひひひひひひぃー!!」
「あら、思ったよりも良い反応ね?」
「きゃはははははははっ!! な、何がしたいんですかぁー!! ひゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! うひゃっひゃっひゃはははははは!!」
笑い転げる万里花を支えながら千棘は万里花を刺激していく。
「アンタの言うとおりハッキリさせておかなきゃね……あたしとアンタの格の違いってやつを♪」
そういうと千棘は緩急をつけながら万里花の脇腹を突いたりワシャワシャと震わせ始めた。
「ひぃにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? ひゃぁああんっ!! やぁ、それ、やみぇぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やめへくらさぁははははははっはぁーいぃひひひひぃ!!」
くすぐりに相当弱いのか、先程までの挑発的な態度は万里花の中から完全に消え去っていた。
この時点で勝者と敗者は確実に区別されていたのだ。
「くすぐったいぃーひひひひぃ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはぁぃ!! やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! や、やぁー!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「ほれほれ、これで解ったでしょう? 私と万里花の格の差って奴が。彼女と許嫁、常に優先されるのは前者だってね」
「ひゃははははははっ!! か、彼女なんてぇ、ひひひぃ!! いずれ、捨てられるものですわぁ!! きゃぁははははははははーっ!!」
「……」ピクッ
「しょ、しょのてん!! 許嫁の私とりゃぁくしゃまはっ!! きひひひひっ!! 最後まで結ばれる運命なのですっひひひぃ!!」
さすがに楽のこととなると譲歩すらしない万里花の態度に千棘は禁断の一手を打つことにした。
「なら仕方がないわね、再教育するまでよ!! 駄犬の調教よ調教♪」
千棘は愉快そうに笑うと、そのまま万里花を椅子に座らせ、万里花の上半身を背もたれに、両足を椅子の前脚にロープで括り付けた。
そして背もたれが床につくように万里花を椅子ごと押し倒した。
「さぁーて万里花……まずはこの邪魔なものから脱がしていきましょうか」
千棘は抵抗できない状態の万里花を見降ろしながら万里花の上履きをはぎとった。
上履きがはぎとられた瞬間、万里花の頭にはこれから起こるであろう地獄が鮮明に映し出された。
その瞬間、万里花の身体はピクンと跳ねあがった。
「き、桐崎さんっ!? ちょ、ちょっと待って下さいませ!!」
「フッ、今更遅いわよ万里花……」
万里花の言葉になど耳を貸さず、千棘は万里花の足の裏に指を這わせていく。
千棘の指がスゥっと万里花の足の裏を一直線に駆け巡ると、万里花は声をあげて身体を震わせた。
「ひゃぁんっ!?」
そんな万里花の姿を楽しそうに眺めると千棘はそのまま万里花の足の裏を両手でこちょこちょと刺激し始めた。
「ほ、本当にぃまっひぇぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっひぃひひひひひっくっくっく……うひゃぁはははははははははははははーっ!!」
「あら、足の裏も良い反応ね♪ 虐め甲斐があるわ」
「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! そ、そこはだみゃぁはははははははははははははっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
足の裏を思いっきり責められることには、さすがの万里花も耐えきることは出来なかった。
「いひゃぁはははははははははっ!! うきゃぁっはっはっはっはっはっはっはーひひひひひひぃいいっひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! き、きりひゃきひゃぁんぅ!! た、たいむぅですわぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「タイム? そんなものあると思う? まぁ、いいわ。少しだけ弱くしてあげる♪」
そういうと千棘は少しだけくすぐるスピードを抑える。
ゆっくりと指を小刻みに動かしては万里花の足の裏を丁寧にくすぐる手法にチェンジしたのだ。
だが、結局万里花にはくすぐったさが伝わることに変わりはない。
「きゃぁははははははははっ!! お、おねがいひまふぅ!! と、とみぇひぇっへっへっへっへっへ!! ひっひゃぁははははははぁんぃっひひひひひひっ!! くっひひひひひひひひぃ!! うにゃぁははははははははは!!」
「ん? そうねぇ……これから私にたてつかないって誓うなら止めてもいいわよ?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! にゃんででひゅかぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「あら、今たてついた?」
そういうと千棘は更にくすぐる指のギアをあげた。
それに比例するかのように万里花の反応も激しいものに変化していく。
「きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!!」
顔を真っ赤にして笑い悶える万里花の様子からは限界がうかがいしれた。
「そろそろ限界なんじゃない? 我慢せずに降参しちゃいなさいよ♪」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひゃぁはははははははははっ!! ひっひひひひひぃっひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
あまりのくすぐったさに万里花は思考能力が機能しなくなってしまったのだ。
もうただただくすぐったさに声をあげるほかなかった。
やがて万里花は体力の限界を迎えてしまった。
「あっはっはっはっはっはっは!! ひぃっはっはっはっは!! あはははぁ……っはっはは!! も、もうらみぇ……」
「あら、もう終わり?」
千棘は万里花の足の裏から手を離すと少し物足りなそうに万里花を解放し、保健室のベッドへと運びこんだ。
この後、第2回戦が始まったのは言うまでもない。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2015/06/15(月) 00:57:53|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。