FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『罰ゲームin修学旅行』

『罰ゲームin修学旅行』



「あ~いいお湯だったぁ~♪」
「早く部屋戻ろうよ。時間勿体ないし」
大浴場を後にする彼女たち6人は修学旅行の真っ最中の女子高生だ。
修学旅行と言うこともあり、彼女たちのテンションは高かった。
彼女たちは自分たちの割り振られた部屋へと戻ると、早速敷かれた布団の上に転がりながら、修学旅行定番の時間を過ごし始める。
「じゃあババ抜きやろっか?」
「ただやるだけじゃ面白くないし~罰ゲーム付きで(笑)」
「罰ゲームって何すんのよー?」
「まぁ、後で決めればいいじゃない♪」
「じゃあ始めよっか」
こうして始まった罰ゲーム付きのババ抜き合戦。
これをきっかけにこの後、6人の同室メンバーのうちの1人には一種の受難が訪れることとなる。
「はーい上がりぃ!! じゃあ後は千夏と玲奈の一騎打ちね」
4人目の美琴が上がりを決めると、残ったのは千夏と玲奈の2人だ。
「さぁ……どっちを選ぶ玲奈?」
「むぅー……左っ!! と見せかけて右ぃ!! からの~左ぃ!!」シュパッ
玲奈は千夏の差し出した2枚のカードのうち左のカードを勢いよく引きぬいた。
「ちっ、ドローかぁ……じゃあ今度は私の番ね……」
玲奈は手持ちの2枚のカードを千夏に見せない様に切ると、千夏の目の前に広げる。
「さぁさぁさぁ……私としてわぁ~左がおススメだよ~?」
「心理戦……だとっ!? じゃあ左でー」スッ
「えっ!? そんなあっさり!?」
千夏は玲奈の広げた2枚のカードのうち左側を引くと、そのままガッツポーズを見せた。
「やりぃーっ!! 私の勝ちぃー!!」
「む、無念……」ガクゥ
「ようやく決着みたいね。じゃあ罰ゲームは玲奈ってことで~」
そういうと玲奈以外の5人は顔を見合わせた。
そして言葉に出さずに全員が頷くとそのまま玲奈に目線を向ける。
「よしっ、美咲と菜々子で玲奈の腕を押さえて!! 千夏と美琴は足を押さえて!!」
「「「「りょーかいっ!!」」」」
小春の指示を受け、美咲、菜々子、千夏、美琴の4人は一斉に玲奈に飛びかかる。
「えっ!? ちょぉーきゃぁー!!」
玲奈は4人の前に一気に布団の上に大の字に抑え込まれた。
「な、なに!? なんなのよーっ」
「やっぱりぃ~玲奈への罰ゲームと言ったらぁ~コレよねぇ♪」
小春は玲奈の目の前で指をコチョコチョと動かしてみせる。
「え!? うそっ!? やだぁー!!」
玲奈はこれから自分の身に降りかかるであろう刺激を想像すると背筋がブルブルと震えた。
「じゃあ罰ゲームは1分間くすぐりの刑ってことでぇーそれぇー!!」
小春は玲奈の腋の下から脇腹にかけてこちょこちょと指を動かして往復させる。
その指先が玲奈の肌を刺激するたびに玲奈は声を上げて笑い転げる。
「きゃぁっはははははははははははははーっ!! だ、だめぇーっへっへっへっへ!! やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
薄めの浴衣一枚のみの格好である玲奈には小春の指先からの刺激が敏感に伝わっていた。
「ひゃはははははははははっ!! やぁっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! わ、わきやめぇっひひひひぅひゃはははははははははーっ!!」
「ほれほれ~こちょこちょこちょ~♪」
楽しそうにこちょこちょと呟く小春の声がくすぐったさをより増幅させてくる。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! こ、こちょこちょいわないでよぅっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! あははははははっ!!」
「相変わらず敏感だね? 特に腋が」
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わ、わかってて腋を!? いひゃははははははははっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
玲奈の弱点を知り尽くしている小春は玲奈の弱点を細かに突いて行く。
そんな小春の責めに玲奈は笑い転げる他なかった。
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! そこだみゃぁはははははははははははっ!!」
「さぁ、そろそろ終わりかなぁ?」
「はぁ、はぁ、はぁ……お、終わりだね」
小春が指を止めると玲奈は呼吸を整えながら終了に安堵する。
だが、その瞬間小春は思い出したかのように口を開いた。
「あ、そう言えば玲奈、B組の九童くんの告られたんだって?」
「「「「はぁっ!?」」」」
「えっ!? ちょ、なんで知って!?」
小春の衝撃発言に他の4人に次いで玲奈も声をあげる。
そんな玲奈の様子を見て、小春はニヤリと笑みを浮かべた。
「その反応は本当みたいね? んで、どうなったの?」ニヤニヤ
「や、い、今は関係ないじゃん!? さっ、次のトランプやろぅよ!!」
「「「「あ、誤魔化したぁ!!」」」」
「ほらほら、みんな気になるってよぉ~?」
玲奈はなるべくこの件には触れたくなかった。
そのためこの話題から一刻も早く離れたかったのだが……。
「小春隊長っ!!」
「何だね菜々子隊員」
「どうせだったらこちょこちょして尋問してはどーでしょうかっ!!」
「「「「それだっ!!」」」」
菜々子の提案に小春、美咲、千夏、美琴の4人は声をそろえて手を打った。
一方の玲奈は話の展開が自身のもっとも恐れていた展開に傾きつつあることに戸惑いを隠せないでいた。
「え、ちょっとみんな落ち着いて!? ねっ!?」
玲奈はこれから自分の身に降りかかるであろう先程までの刺激を思い出すと身体をプルプルと震わせる。
「あ、隊長!! 実はこんなものが……たらりらったらぁ~ん♪」ヒョイ
そう言って美咲が取り出したのは二つの手錠だった。
「美咲ナイス!! でもどうしてそんなものを?」
「あまあまですね小春隊長!! そりゃもちろん!! こんな時のためですよぅ!!」
「……予知!? 予知能力なの!? まぁ、いっか。さぁ隊員たちよ!! 玲奈を拘束しておしまいなさい!!」
小春の合図で、4人は玲奈の両手両足を一束ずつに重ねると、そのまま手錠を玲奈の両手首と両足首に括りつける。
「よぉし、それじゃあ美咲は玲奈の腕をバンザイのままにして床に押さえつけておいて。私と菜々子で玲奈の腋の下から脇腹をくすぐるから、千夏と美琴はそれから下をよろしく!!」
「「「「りょーかい」」」」キリリッ
全員は自分の持ち場につくとそのままスタートを待つ。
準備が整うと、小春は玲奈の顔をそっと覗きこむ。
「さぁて玲奈、言いたい事があるなら最初に聞いておくよ~?」
「ね、ねぇやめよーよ!! 他の話にしよっ? ね?」
「……千夏、美琴……やっておしまいなさい!!」
「「はっ!!」」
小春の指示を受け、まずは千夏と美琴が指を動かしていく。
千夏は玲奈の足の裏に指を這わせ爪を使ってカリカリと引っ掻いて行く。
美琴は玲奈の太腿や内腿の表面に触れるか触れないかの距離加減でサワサワと撫でていく。
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? だ、だみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
玲奈は下半身にくるくすぐったさに身体を震わせて笑い転げる。
一本に繋がれた足をバタバタと動かしながらそのくすぐったさから逃れようとする。
「きゃははははははははっ!! やぁだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーくすぐったぁーいっ!! いやぁー!! きゃぁっはっはははははっ!!」
くすぐったがる玲奈の反応を確認しながら小春は玲奈を問い詰めていく。
「さぁて玲奈~それで、九童くんとはどうなの~付き合ってるの~?」
「ひゃはははははははははっ!! し、しらないぃっひひひひぃっくひゃははははははははははははははーっ!! あははははははーっ!!」
「知らない? それは答えになってないよ~?」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! し、しらなぁいぃひっ!! ひゃはははははははははっ!! きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
玲奈は質問の答えをハッキリとさせることが出来なかった。
というのもあの告白の後、玲奈は正式に九童と付き合うことになり、現在も交際中なのである。
故に断ったと言えば後々ウソがばれてしまう。
かといって本当の事を言ってしまえば……相手は学年一のイケメン、人気の男子だ。
彼女たちだけでなく学年の女子全員を敵に回してしまうことになる。
玲奈はどちらを選択すべきか決断が出来ないのだ。
「ちゃんと答えなくちゃ、もっとくすぐったくしちゃうよ?」
「やぁーっ!! やだぁーっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったいのはいやぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひゃぁははははははっ!!」
「じゃあ答えてよ」ニヤニヤ
「きゃははははははははっ!! それもやだぁははははははははっ!! ひゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
一向に答える気配のない玲奈に対して小春は次の一手を打つ。
「よしじゃあ仕方ない……菜々子、始めましょうか♪」
「そだね♪」
遂に小春と菜々子も指を玲奈の腋の下から脇腹にかけて這わせるともぞもぞと指を動かしていく。
「ひゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だめぇっー腋はだめぇーっ!! きゃぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
下半身に次ぎ上半身にまで達したくすぐったさに玲奈は身体をくねらせて反応する。
特に上半身の方が敏感な玲奈には決定的な一打だった。
「きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やだぁはははははははっ!! くすぐったぁーいぃっひひゃはははははははははっ!!」
「さぁ? 言っちゃえ言っちゃえ~こちょこちょこちょ~♪」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 言いたくないぃっひひひいぃー!! いわにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーいぃ!!」
小春の実質拷問的な責めにも玲奈は口を割ろうとはしない。
そんな強情な玲奈に小春はついに最後の手に移った。
「なかなか頑張るわね玲奈……ならば玲奈の一番くすぐったいところをこちょこちょしちゃおうかしら?」
「い、一番くすぐったいとこ……?」
小春の言葉に玲奈は身を震わせた。
次の瞬間、玲奈の頭をよぎった不安が現実のものとなった。
小春の指がそっと玲奈の脇腹におかれたのだ。
「ひぃっ!? こ、小春……そ、そこは……」
怯える玲奈のことなど気にも留めず、小春は激しく玲奈の脇腹を揉みしだく。
「いやぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ふみゃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
玲奈は今まで以上に身体を大きく捩らせて笑い叫んだ。
「ひにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だ、だみゃぁーっひひひひひぃ!! だみぇぇーえええ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
さすがの玲奈も弱点を徹底的に責められることには耐えることができなかった。
「わ、わかっひゃかりゃーっ!! いうっ!! いうからやみぇひぇぇっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!! くすぐったくて死んじゃうよぅーっ!! うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
この責めに、玲奈はついに降参を決めた。
そんな玲奈の反応に小春は満足そうに手を止めた。
「それで、どうなったの?」ワクワク
「つ……つ、付き合ってる……わよ」
「へぇー付き合ってるんだー……」
「「「「「付き合ってるぅ!?」」」」」
小春、菜々子、美琴、千夏、美咲の5人は同時に驚愕の声をあげた。
その声は部屋中に大きく響き渡った。
当然、その声は彼女たち6人の泊まる部屋の両隣の部屋にも響いてしまった。
「え、なになにどうしたの!?」
あっという間にクラス中の、いや、学年の女子たちが大勢彼女たちの部屋に押しかけてきた。
「実はね、玲奈が……九童くんと付き合ってるんだって!!」
「なにぃ!?」
「みんなのアイドル九童くんと!?」
「九童くんには彼女を作らせないという我ら九童くん親衛隊の鉄則を!!」
学年の女子たちはそれぞれの思いをぶつけ合う。
そう、そんな殺伐とした空気が室内を占拠したのだ。
そんな中、玲奈にとっては地獄のような提案が飛び交った。
「ねぇ、それであんたらは玲奈にお仕置きしてたわけ?」
「私たち5人で玲奈をくすぐってただけだけど?」
「……それ、良いじゃん!!」
小春の返答に女子たちはうんうんと頷き始めた。
「さすがに虐めみたいなのはしたくないし……これでチャラにしてあげよっか♪」
「そうだね」
「私たちの九童くんを盗ったんだからそれくらいは我慢できるよね~玲奈ぁ♪」
「え、え、ちょっと、み、みんな?」
玲奈はニヤニヤと笑みを浮かべる女子陣に何とも言えぬ恐怖を感じた。
そして女子たちは一斉に玲奈に飛びかかった。
「きゃっ!? や、やっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーいぃひひひひぃっくひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁいぃっひひひひひぃ!! うにゃぁははははははははははっ!!」
無数の指が玲奈の身体中を這いまわる。
数にすると凡そ数百本だろう。
玲奈の身体に隙間を作らないほどに埋め尽くされた無数の指はそれぞれ異なる強さ、スピードで玲奈の身体を刺激し続ける。
「やぁっはっはっはっはっはっはーっ!! やめてーぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やだぁやだぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やみぇひぇよぅっひゃっははははははっ!! いみゃぁははははははははっ!! きゃぁー!! きゃぁはははははははははははっ!!」
身体中にめぐるくすぐったさに玲奈はひたすら息絶え絶えに笑い転げる。
両手足の自由が利かないのでは防ぎようがない。
玲奈はただ自然に任せて身体を弄られるしかないのだ。
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃっきゃぁはははははっ!! やぁー!! うっひぃひひひひひいひっくあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁー!! も、もうだみぇーっひゃぁはははははははははははっ!! し、しんじゃうぅーひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
やがてこのくすぐったさに玲奈の思考能力は奪われた。
頭が次第に呆然としてくる。
口からは反射のように笑い声が漏れ出るだけだ。
「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! いっひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーっひひひひひぃっくっひっひっひっひっひぃ!! やはははははっ!! ひぎゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
薄れゆく意識の中、玲奈はこの時間が終わるまでひたすら涙と涎と笑い声を出し続けた。


スポンサーサイト
[PR]


  1. 2015/05/06(水) 23:28:01|
  2. リクエスト小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

小説楽しく読ませて頂きました!
リクエストに応えて頂きありがとうございます!
会話から、文章から全てが素晴らしかったです(・ω・)ノ
また良ければリクエストさせて下さい^ ^
そしてこれからも楽しみにしてます♪
  1. 2015/05/10(日) 11:46:49 |
  2. URL |
  3. たぬき
  4. [ 編集 ]

たぬき さん>

ご利用ありがとうございました!!

おぅふぅ、褒めすぎで鼻血がでまふw

駄作でごめんなさい
  1. 2015/05/19(火) 01:18:30 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX