FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『東内まりやの受難』

『東内まりやの受難』




世の中とは常に不公平に出来ているものである。
天才と凡人。
美人とブサイク。
前者は良い人生を謳歌し、後者は前者に嫉妬心を抱くものである。
まさにそのモデルケースであったのが、東内まりや(ひがしうち まりや)であった。
彼女は都内の高校に通う傍ら、芸能活動を行っている。
芸能人と言うだけあってまりやは抜群のルックスを持っていた。
校内では1番と言うほどのルックスである彼女はモテた。
これは自然の摂理である。
毎日のように同級生、先輩、後輩の男子生徒に言い寄られていた。
だが彼女は芸能人。
誰かと付き合うことはしなかった。
もちろん、彼女程の人間なら数え切れないほどの告白を受けていることだろう。
だが、芸能人である彼女はそれら全てを断っていた。
男子生徒は、その点に落胆しつつも、彼女の仕事のことを理解し、彼氏彼女関係になれなくても友達になりたいと考え、彼女の元を離れようとはしなかったのだ。
その一方で、まりやの陰に完全に隠れてしまっている者たちが居た。
そう、校内の女子生徒だ。
彼女たちの多くはルックスに恵まれないものが多い。
もちろん、中にはルックスの良い者もいた。
だが、まりやと比較されてしまうと決してこえられない壁があることが一目瞭然だった。
そんな彼女たちはまりやに嫉妬した。
アイツさえいなければ――と。
そんな彼女たちの中ではいつしか1つのグループが出来上がっていた。
主に3年生を主体とした総勢20人ほどの女子生徒グループだ。
彼女たちは、まりやへの復讐という目的一致で結成されたグループだった。
活動内容は、まりやのことを研究し、何が一番の復讐として有効であるかを探ることだった。
いずれはそれを実行するつもりで――。
この日も彼女たちは、まりやの特集がのせられた雑誌に目を通していた。
その時だった。
3年生の女子柔道部員の目に一つの記事が留まった。
『東内まりやの得意不得意』
そう題された東内まりやへの質問コーナーだった。
彼女が目をつけたのは言うまでもなく、不得意の分野だ。
『まりやさんの苦手なものは”くすぐり”』
そう記された記事を熱心に読んで行く。
『脇腹とか、触られただけで震えちゃいます(笑) そう答えたまりやさんは――』
これだ。
彼女はそう思った。
そしてこの記事を他のメンバーにも見せていく。
こうして復讐の内容は決定された。
偶然にもこの日はまりやが学校に登校していた。
大きな仕事に一段落がついたらしいのだ。
放課後、彼女たちは早速作戦を遂行することを決めた。
いつものように男子生徒に囲まれて校内を移動しているまりやの元に3人の女子生徒が駆け寄った。
校内のブサイクランキングの上位にランクインした3人だった。
彼女たちもまたルックスの良いまりやに嫉妬していた。
3人はまりやを体育倉庫に誘導する役割を背負っていたのだった。
「ねぇ東内さん。ちょっと相談があんだけど……ここだと話しにくいからついてきてくれる?」
1人がそう告げると邪魔だと言わんばかりにまりやに集る男子生徒を睨みつけた。
そんな彼女の様子を察してか、まりやは快く快諾すると、3人の後に続いて歩き出した。
この一歩が彼女を地獄へと誘う罠であったことにまりやはまだ気づきもしなかった。
「ここでいいかな?」
彼女たちについてきたまりやは舞台となる体育倉庫に辿りついた。
「うん、中に入る?」
まりやは先陣を切って倉庫の扉を開けた。
そしてそのまま中へと1人足を踏み入れていく。
その時だった。
誘導係の3人はそのまま、まりやを残したまま体育倉庫の扉を閉め切り、施錠してしまった。
『ガラガラ』と音を立てて閉まる扉。
それと共にまりやの視界が暗くなる。
異変に気付いたまりやは慌てて入り口に駆け寄った。
「ちょっと!? どういうこと!?」
だが、彼女が扉にたどり着いた時にはすでに施錠された後であった。
何とか扉があかないものかと力を込めて扉を引くが、ビクともしない。
どうしようかと考えていたその時だ。
急に倉庫内の明かりが点灯した。
そして倉庫内から20人もの女子生徒が姿を現した。
まりやは突然の出来事に戸惑いを隠せなかった。
「え、えっと……あなたたちは……?」
「はじめまして東内まりやさん。私は『まりやを地獄に落とす会』会長の不須田 化婆子(ぶすだ けばこ)よ」
「な、なんなのよ……その会」
まりやは化婆子の挑発とも取れる発言に苛立ちを覚えた。
「私達はあなたが憎いの。あなたさえいなければ……あなたさえ……」
化婆子がそういうと、柔道部員の女子生徒2名がまりやを後ろから抱え、体育マットの上に押さえつけた。
1人がまりやの右手首を、もう1人が左手首をマットに押しつけた。
そして更にレスリング部の女子生徒2名が、まりやの両足を片方ずつマットに抑え込んだ。
格好としては、まりやが大の字にマットの上で寝かされて拘束されている形になった。
柔道部とレスリング部の彼女たちの力の強さはまりやの数倍であった。
そのため、まりやがいくら手足を動かそうとしてもビクともしなかった。
身体が動かない。
そして自分に憎しみを抱くと言う人間が目の前に20人。
まりやは恐怖を覚えた。
だが、その反面で怒りを覚えた。
現段階ではその勝った怒りを持って彼女たちに問う。
「私をどうしたいの? 何をするつもり?」
「これを読ませてもらったわ」
化婆子は例の雑誌をまりやの目の前に広げた。
その雑誌を見た瞬間、まりやの表情が変わった。
そう、余裕がなくなったのだ。
これからされることを悟ったのだから。
「言いたいことはわかるわね?」
化婆子がそういうと、他の女子生徒たちが一斉にまりやに近寄ってくる。
「じゃあまずは弱点検査からしましょうか」
化婆子が企み笑いを浮かべると、数十本の指が一斉にまりやの腋の下を這いまわり始めた。
突然の不意打ちにまりやは笑いをこらえきれない。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!? やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
くすぐったがるまりやの様子を見ながら、少しずつ指を下に動かしていく。
そう、脇腹へと移動させていたのだ。
「ひゃっぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! そ、そっちはぁっはっはっはっはっは!!」
「わき腹が弱点……だったわね?」
ニヤリと笑う化婆子はまりやの反応を確認するかのように緩急をつけてまりやの脇腹を揉みしだいた。
「ひぃひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! そ、そこぉ!! よわいぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「記事通りのようね……じゃあ次はここよ?」
化婆子が顎を使って指示を出すと、またも数十本の指がまりやの足の裏を這いまわった。
「きゃぁーっひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だ、だめっ!! だめぇーきゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あはははははははっ!!」
まりやは首を左右にブンブン振りまわしながら笑い悶えた。
一通りまりやの反応を確認すると、彼女たちはいよいよ本腰を入れ始めた。
「ここからが本番よ? いっとくけど、一切手加減はしないから」
化婆子は一度まりやを睨みつけると、そのまま、まりやの脇腹をこちょこちょとくすぐり始めた。
それに続くように、数十本の指がそれぞれ、まりやの耳、首筋、腋の下、内腿、足の裏を這いまわった。
合計160本もの指がそれぞれバラバラのスピード、強さをもってまりやの全身を刺激始めた。
「いやぁーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だめっ、くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはいぃひいやははははははははははっ!! きゃぁっひゃはははははっ、うきゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
まりやは想像を絶するくすぐったさに発狂するように笑い悶えた。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははぁははははひぃひいひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはははははあっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
弱点である脇腹を中心に体中がくすぐったさに満たされていくのだから。
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっは!! だめぇだめぇー!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うひゃきゃぁっはっはっはっはぁやぃひゃはっはははっはは!!」
わき腹がくすぐったいと感じれば、休む暇なく腋の下、足の裏、首、耳、内股までもがくすぐったく感じていく。
「きゃははははははははっ!! こ、こんなことしてぇっひゃはっははははははははは!! た、ただですむとぉぅひゃはっはっはっはっはっはっはっはっは!! おもってにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「あなたを地獄に落とせればそれだけで十分よ」
化婆子はまりやの脇腹を揉みしだきながら睨みつけた。
「わっひゃひゃひゃひゃひゃははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うきぃひゃははははっ!! んぐぅっはははははははっ!! あーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「何であなたばかりが良い思いをするのよ?」
「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! し、しらなぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃっひゃはひひひひひぃぐぅひゃはっはっはっはっはっはっは!! しらないぃっひひひひひひひひひぃーっ!!」
「あなたのせいで私達は女とすら扱ってもらえないと言うのに」
「やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃはははははははっ!! いひゃはははははははははははーっ!! いひゃははははははっ!! あははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
怨念の籠ったようなくすぐり攻撃はじわじわとまりやを苦しめていく。
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! か、かんけいいぃきゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! あたしぃかんけいにゃぁっはっはっはっはっはっはっはいぃひひひひっんぐぅひゃはははははははははははぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「ちょっと顔が可愛いからって調子に乗ってるわよね?」
「ひぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! のってないぃっひひひゃははっははははははっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! のってなぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃ!!」
「大体、生意気なのよねあなた」
「にゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! にゃんにゃのよぅうひゃはははははははははっ!! あははははははっ、さっきからぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ぜ、ぜんぶあたしわるくにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃひひひゃうぅひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
自分は悪くない。
自然とそうなってしまっただけだ。
そう考えると、この理不尽な仕打ちに怒りがこみ上げてくる。
まりやは笑わせられながらも決して謝りはしなかった。
それが唯一出来る抵抗だったのだ。
「ひぃぎゃぁああひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははぁははははひぃひいひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはははははあっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「あなたに私達の気持がわかる?」
「いひゃぁーひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! わ、わかんなぁっはっはっはっはっははいぃひひぐぅっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはは!! わかんないわよぅ!! きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「でしょうね? あなたなんかには解らないでしょうね? 良い思いをしてきたあなたなんかには!!」
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うきぃひゃははははっ!! んぐぅっはははははははっ!! にゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! にゃんにゃのよぅうひゃはははははははははっ!! そ、そんにゃのぉぅひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! そんなのただの嫉妬じゃなぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはいぃ!!」
確信を突くまりやの一言に化婆子とメンバーは遂にキレた。
「誰のせいでこうなったのよ!!」
全員がまりやを壊す勢いでくすぐり続ける。
「ぎゃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはひゃっはっはっはひゃはははははははははははははーっ!! ひぃぃいいひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! うきゃぁっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっははぃいいいいやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
すでにまりやは壊れかけていた。
全身を全力でくすぐられ続けて数分。
想像を絶するくすぐったさに犯されてきたまりやの意識は遠のき始めた。
「ひぃぎゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! うひぃひひひひっ!! くひひひぃっひゃはっはっはっはっは!! いぐぅっひひゃははっ、にひゃはは!! いひひいひいっひひひひひひぃ!! ……うきゃひいひぃ……あ、あぁっひぃっぐ……」
まりやは最後まで抵抗を続けたが、力尽きて気絶してしまった。
化婆子たちは指を止めずにそのまま、気絶したまりやの身体を弄くり続けた。
まりやが再び目を覚ました時、またも強烈なくすぐったさが彼女を襲い続けることだろう。
そう、まだ復讐は始まったばかりなのだ。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2015/03/18(水) 01:38:38|
  2. リクエスト小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 5

前にシュチュエーションをかいた、加藤せいしろうくんのくすぐり小説おねがいします
  1. 2015/03/18(水) 10:16:46 |
  2. URL |
  3. 木村
  4. [ 編集 ]

今回から、リクエストはたどころ一本かにします。
欺いてしまい、申し訳ございませんでした
  1. 2015/03/18(水) 20:35:22 |
  2. URL |
  3. 木村 たどころ
  4. [ 編集 ]

木村 たどころ さん>

お話の内容把握いたしました

文体も若干似ていたのでそうかなと……。

残念ながら今回のリクエストは承諾できませんのでご了承くださいm(__)m

また、無期限のコメント制限を2アドレス指定させていただきました。

重ねてご理解のほどよろしくお願いいたします。
  1. 2015/03/18(水) 22:23:09 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

小説楽しく読ませて頂きました!
リクエストしてすぐ書いて下さった事にもビックリしましたが、何よりも内容が素晴らしかったです(・ω・)ノ まりやの追い詰められ方も最高でした!
また良ければリクエストさせて下さい^ ^
そしてこれからも楽しみにしてます♪
  1. 2015/03/18(水) 22:45:38 |
  2. URL |
  3. たぬき
  4. [ 編集 ]

たぬき さん>

喜んで頂けたのなら良かったです!!

若干短めなのはごめんなさいm(__)m

具体的なシチュを頂けたのでサクサク書けました^^

これからもお待ちしております
  1. 2015/03/18(水) 23:49:37 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX