FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


不良たちの調教教室7

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

view. 白蕗 千紗

「先輩たちが失踪してどれくらい経つのかな……」
私の通う学校の先輩、3人が失踪した。
3人とも、家出をするような人ではなく、至って真面目な人たちだった。
私は3人の内、2人の先輩とは接点があった。
1人は福田祥子先輩、もうひとりは宮永汐美先輩だった。
学校でも警察でも、まずは家出を疑っていたが……。
いや、今も家出だと考えているようだ。
でも私はあの先輩たちが家出をするようには思えない。
きっと何かがあるはずだ。
そう、思っていた。
だが、ある日私は変装して街中を歩く先輩たちを目撃してしまった。
跡をつけてみると、3人の先輩たちはある一軒の家へと入っていったのだ。
それから一週間ほど観察してみたが、3人とも、男の人達に何かをさせられていた。
「やっぱり、ちゃんと確かめよう」

view end.

「まさかこんな所に居たなんて思いませんでしたよぉ~。千紗びっくりですよ」
ある日のこと、千紗は祥子たちのことを探り、必要ならば救出しようと考えアジトへとやってきたのだった。
初めは、建物の前をウロウロしているだけだったが、やがて勇気を振り絞ってインターフォンをならし、出てきた汐美によって中へ招かれた。
そして現在に至る。
「でもびっくりしたわよ。突然、千紗がやってくるんだもん。よくここがわかったわね?」
汐美は千紗の前に座ると疑問を投げかけた。
「えぇ、実は探偵に依頼しましてねっ」
「た、探偵!?」
祥子は驚きながらもここの事がバレたのではないかと不安を隠せない。
「あははっ♪大丈夫ですよっ、私個人で探偵に依頼しただけで他の誰にも知らせてませんからっ」
「なんだ・・・良かったぁ」
「っていうか私はただ遊びに来ただけなんですよぉ?といかカラオケ行きましょカラオケ~」
千紗はそう言って二人を誘う。
「でもねぇ~」
汐美は静希や麻姫のほうを見る。
「別に良いですわよ?いってらっしゃいな」
「ここは私たちだけで大丈夫ですから」
「二人の承諾も得たことですし行きましょ行きましょっ♪」
「そういうことなら・・・」
祥子と汐美は早速準備をし、街へと出かけて行った。

††

そしてとあるカラオケ店に入った3人は適当な個室で1時間過ごした。
そして丁度1時間がたったその時、千紗は突然に席を立った。
「すみません。ちょっとお手洗いに」
そういうと千紗は部屋を後にする。
「あっ、私も」
そういうと汐美も続いて部屋を後にした。
千紗は先にトイレに着くと入口付近に身を潜め汐美が現れるのを待つ。
するとすぐさま汐美が現れた。
千紗はタイミング良く汐美に飛びかかると手に持っていた薬を無理やり汐美に押し込んだ。
「ごめんなさい汐美先輩。2対1だと、本当のことを聞けそうもないし……。必ず2人とも助けますから」
「ち・・・さ・・・?」
汐美は次第に意識を失いその場に倒れそうになる。
千紗は汐美を支えるとそのままトイレの個室に座らせた。
それだけ言うと千紗は汐美をトイレに残し、個室に向かった。

††

「お待たせしましたぁ祥子先輩っ♪」
個室に戻ると千紗は祥子に抱き付いた。
「ちょ、こらっ!!・・・はぁ~全く千紗は・・・。あれっ?汐美は?」
「汐美先輩ならぁ~もう少しかかるそうですよぉ~♪」
そういうと千紗は祥子の脇腹をくすぐり始めた。
「きゃはははははっ!?ちょ、千紗ぁ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!ストップストップぅ~にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
祥子は不意の攻撃に思わず笑い転げてしまう。
「へぇ~やっぱり弱いんだぁ~かわいい♪」
千紗は祥子の反応を楽しみながらもくすぐり続けていく。
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やめてよぉ~!!あははははははっ!!くすぐったぁーい!!きゃはははははははははははははははははっ!!」
「やめませんよぉ~?先輩にはこれから私の質問に答えてもらうんですからっ♪」
「いっひっひっひっひっひ!!意味っひゃははははははははははははははははははははははは~っ!!意味分かんないぃ~あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
祥子は抵抗しようと必死になって身をよじる。
「無駄ですよぉ~。先輩には悪いですけど、至って大切なことなので。でもまずは久しぶりのスキンシップを楽しみます」
「あははははははははははははははっ!!にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
「こちょこちょこちょこちょこちょ~っ♪」
「ひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だめぇっへっへっへっへっへっへっへ!!くすぐったくて死んじゃうぅ~っふっふっふっふっふ!!」
千紗は脇腹にある手を腋の下へと動かした。
「ひゃはっ!?わ、腋はやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!やだやだやだやだやだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!くすぐったぁい!!くすぐったいよぉ~!!みゃははははははははははははははははは!!」
「先輩って腋も弱いんですねぇ?見てて興奮してきちゃったぁ♪」
千紗は悶える祥子を見ながら息を荒くする。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!はぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!た、助けてぇ汐美~!!にゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「助けに来ませんよぉ~♪まだかかるって言ったでしょぉ~?」
「きゃははははははははははは~っ!!ひゃはははははははははははははははははははははっ、みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!」
さらに千紗は祥子の鎖骨辺りを舐め始めた。
「いひゃはっ!!そ、そこはぁ、いっひっ!?にゃーっ!!うっひゃっはっはっはっは!!だめぇ~っへっへっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
「先輩って本当に敏感ですねぇ?でもそろそろ時間なんで完食しちゃいまーすっ♪」
「ふひゃははははははははははははははははっ!!だ、だれかぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃっはっはっはっは!!あははっ、みゃっは!!あはははははははははははははははは~っ!!」
「もう、だから誰も来ませんってぇ~。防音設備の良いカラオケ店なんですよぉ~?」
「ひゃははははっ!!も、もうぉ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!限界ぃ~っひっひっひっひっひっひ!!」
「こちょこちょこちょこちょこちょこちょ~っ!!」
千紗は渾身の力で祥子の腋の下から脇腹にかけて何往復もくすぐる。
「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!だめぇ~!!きゃっはっは!!ひぁははははっ!!いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!きゃはははははははははははっ!!あははっ、あはは・・・きっ!!・・・にゃっは・・・いひ」
祥子はくすぐられすぎて遂に気絶してしまった。
「やっぱり可愛いなぁ祥子先輩っ♪」
千紗は先ほどの光景を思い出してはニヤニヤとほほ笑む。
「って……しまったぁ、つい久しぶりだったから……」
祥子に何も聞けず、挙句の果てに気絶させてしまった千紗は失敗を悔やみ始める。
「本当は、2人を……いや、みなさんを助けるために来たのに……。これじゃあ学校にいる時と変わらないじゃん……」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

  1. 2014/02/08(土) 07:33:45|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 3

これは実におもしろい展開!! 千紗ちゃん「しまったぁ」てw ドジっ娘具合が半端ないですね。ヤフー版との違いも、あわせて楽しめます!
それと、お引越しおめでとうございます!
  1. 2014/05/10(土) 03:22:10 |
  2. URL |
  3. ert
  4. [ 編集 ]

返信遅れました……ごめんなさい><

書庫としての移設ですが、今後ともよろしくお願いしますm(__)m

  1. 2014/07/08(火) 11:47:35 |
  2. URL |
  3. akris
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/15(火) 02:14:16 |
  2. |
  3. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX