FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『グレーな距離感』

『グレーな距離感』

『Canvas2』 ―鳳仙 エリス 編―



放課後。
帰宅するものあり、部活に勤しむものあり、自習をするものあり。
そして――
「なぁ霧、相談があるんだが」
「それって部活中でも聞かないといけないのかしら」
サボる教師あり。
この日、撫子学園の美術教師であり、美術部の顧問教師である上倉浩樹は幼馴染で同僚の体育教師であり女子バスケ部顧問教師の桔梗霧のもとを訪れていた。
それも、女子バスケ部の練習中にである。
「悪いか?」
「……まぁ、別に言ってみなさいよ」
「エリスがな、学園内で俺の事をお兄ちゃんと呼んでくるんだが――」
「生徒にも度々目撃されてるわね、その現場」
「俺としてはやはり、例え従兄妹であったとしてもだ、学園内では教師と生徒として場を弁えてだな」
「でも何度注意してもエリスちゃんはアンタの事をお兄ちゃんと呼んでるわね」
「そう、それをどうにかしたいんだ」
「……諦めろよシスコン」
「っ!? 俺はシスコンじゃないぞ!!」
「とにかく、確かに学園内での公私混同は良いことではないわね」
「そうだろ?」
「……だったら、お兄ちゃんって呼ぶことに罰則を設ければいいんじゃないの?」
「罰則?」
「せんせー!!」
「それじゃあ上倉先生、私は部活に戻りますのでさっさと帰りやがれでございます」
霧は具体的な話をする前に、生徒の呼びかけに応じて部活に戻ってしまった。
独り取り残された浩樹は、このお兄ちゃん罰則法を良案として採用することを決意しつつ追い出されるように女子バスケ部の聖地、体育館を後にした。
そして美術部の聖地、美術室へとその重い足を向けた。
美術室に戻るなり、浩樹は美術部部長の竹内にイーゼルボンバーをくらい、終いには霧と密会していたことをエリスに問い詰められ大ダメージを受けた。
ボロボロになりながらも浩樹はエリスに先程の霧のアイデアを元に例のお兄ちゃん罰則法を提示する。
「いいか、鳳仙」
「なぁにお兄ちゃん」
「……これからは学園内で俺の事を上倉先生と呼ぶこと。これは常識だからな」
浩樹は今度こそはと念を押してエリスに告げた。
「だってお兄ちゃんはお兄ちゃんじゃない」
「……」
いつも通りに態度を改めようとしないエリスに、浩樹は呆れながらも続けた。
「これからは俺の事を学園内でお兄ちゃんと呼ぶ度に罰を与える」
「罰って?」
「……お楽しみだ。まぁ、もちろん学園内では制裁は加えないぞ。そんな所を教頭にでも見られたら体罰とか言いかねないしな」
ため息をつきながら浩樹はエリスに人差し指を向けた。
「とにかく、これからはそうするからな鳳仙エリス。わかったな」
「はーい上倉せんせー」
かくして、お兄ちゃん罰則法は施行されることとなった。
これによって学園内ではもうお兄ちゃんと呼ばれることは無いだろうと楽観していた浩樹だったが――。
翌日のことだった。
学食できつねうどんを啜る浩樹の後ろから大きな声が飛んだのだ。
「お兄ちゃーん!! あなたのエリスちゃんですよーっ!!」
「ぶふっ!?」
突然の不意打ちに浩樹は思わずきつねうどんを吹き出した。
「だから学園内ではお兄ちゃんと呼ぶなぁーっ!!」
「えーいいじゃない別に!!」
「……とにかく、お兄ちゃん罰則法に基づきお前には罰を与えるからな。帰ったら早速刑執行だ」
「あーそう言えばそんなのあったねー」
エリスは他人事のようにかわすとそのまま昼食をとりはじめた。
このままでは改善されない。
そう感じた浩樹はエリスの弱点を突くお仕置きを考えた。
「そうだ……アレなら……」
有効法を思いついた浩樹は放課後、エリスよりも先に帰宅すると、ソファーに座ってエリスの帰宅を待った。
「ただいまーっ!! 愛しのエリスちゃんが帰って来ましたよー♪」
勢いよくリビングに突撃してきたエリスを見ると、浩樹はよしっと気合を入れる。
「帰ったなエリス。じゃあ今日の刑を執行するぞ」
「えーまだ覚えてたの?」
「さぁ、エリスここに座れ」
「え? それって……ご褒美!?」
「違うわっ!?」
浩樹が指差したのは自身の膝の上だった。
「言われなくても座りますとも♪」
エリスは意気揚々とした気分で浩樹の膝の上に座った。
すると、浩樹はエリスを後ろから抱きしめるように抱えた。
「ひゃうっ!? お、お兄ちゃん///」
突然の事にエリスは顔を真っ赤にするが、浩樹は顔色一つ変えずにため息をついた。
「勘違いするなよエリス……これはお仕置きのためだからな」
「すでにご褒美状態なんだけどね♪」
次の瞬間、舞いあがるエリスの想像とは裏腹に、浩樹が打った一手にエリスは大きく身を捩らせて笑いだした。
「きゃっはっはっは!?」
浩樹がエリスの脇腹をくすぐり始めたのだ。
「ちょ!? お兄ちゃっ、きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だ、だめぇくすぐったいぃ!!」
そう、浩樹が思いついたお仕置きはくすぐりだった。
昔からエリスはくすぐりに滅法弱かったのだ。
「お前へのお仕置きならコレが一番応えるだろうからな」
「くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはいぃ!! お兄ちゃんだめぇっへっへっへっへ!! やぁだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
エリスは浩樹の腕の中で笑い悶えながら身を捩った。
浩樹はそんなエリスの様子を観察しながらエリスの脇腹のツボを的確にとらえ続けた。
「ひゃぁはははははははははっ!! お腹だめぇっはっはっはっはっはっはっはっは!! やめぇ……きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
制服の上からでも、エリスを悶えさせるには十分の刺激が供給されていた。
浩樹の指がエリスのツボに出入りするたびにエリスは悲鳴を上げた。
「ひゃぁあんっ!? うにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くしゅぐりやめぇーはっはっはっはっはっはんっふぅみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「今日は徹底的にお仕置きするからな?」
浩樹は容赦しない旨をエリスに伝えると次第にくすぐるギアを上げ始める。
すると、それに比例するかのようにエリスの悶え方も大きなものへと変わって行った。
「ひぅうひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? お、お兄ちゃっ、つ、強いよぅうひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
エリスは早くも顔を真っ赤に染めてひっきりなしに笑い続けた。
「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! お、お腹よわいのぉ!! だからぁっはっはっは、だめぇっへっへっへっへっへ!! やだぁよぉっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
くすぐったさと悶えている姿を見られている恥ずかしさがエリスにとって絶大な効果を発揮することを浩樹は理解していた。
「今回でたっぷりと思い知らせてやるからな?」
浩樹はエリスの脇腹のツボに指を食い込ませるとブルブルと指を震わせた。
「うにゃぁあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! そ、それだみぇぇえええっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くしゅぐったぁっはっはっはっは、くすぐったぁーいっ!!」
まだまだとばかりに浩樹は指をふるわせ続けた。
絶え間ないくすぐったさがエリスを襲い続ける。
「みゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やだぁっはっはっはっはっは、やぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
エリスが脇腹にばかり気を取られていることに気がついた浩樹は、ひとつ攻め方を変えて見ることにした。
浩樹はそっと脇腹のツボから指を外すと、ゆっくりとエリスの腋の下へと移動させていく。
「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! あはははっ!? やぁーっ!! そっちはダメぇーっへっへっへっへ!!」
浩樹の指が自身の腋の下に近づいていることに気がついたエリスは思いっきり腋の下を閉じて抵抗する。
そこで浩樹は、一度、エリスの脇腹を刺激しなおす。
「ひゃぅんっ!? ま、またそっちぃ!? うにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
こうすることで再びエリスの意識を脇腹に向けさせてから、今度は一気にエリスの腋の下へと指を移動させ潜り込ませた。
一瞬の出来事にエリスは、驚きながらも突然腋の下へと移動したくすぐったさに悶える。
「きゃっはっはっはっはっは!? ま、また変わっきゃぁんっ!! うにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
腋の下に浩樹の指がある。
その存在感だけでエリスにはくすぐったさが伝わっていた。
「脇腹ばっかじゃつまらないからな。こっちもくすぐってやる」
浩樹はゆっくりと指を動かしていく。
「きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひゃははははははっ!! そ、そこダメぇ!! うにゃぁははははははははーっ!!」
エリスはたまらず浩樹の手を腋の下に挟み込んでしまった。
これで浩樹の指の動きがかなり制限されてしまった。
だが、そんな状態でさえエリスを悶えさせるには十分だった。
「これでガードしているつもりか?」
浩樹は指を軽くうねらせた。
強く動かしてしまうとエリスは痛がるだけであること言うことを理解していた浩樹はわざとくすぐったさを感じる力加減にセーブしたのだ。
「ふみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やだぁっはっはっはっはっはっは!! くしゅぐったぁっはっはっはっは、うにゃぁああ!!」
この浩樹の作戦は見事に成功だった。
絶妙な力加減の責めに、エリスは完全にくすぐったさのみを感じていた。
「ひゃぁははははははははははっ、お、お兄ちゃんっ!! にゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! お兄ちゃっ、ごめんねっ!! ゆるしてぇっひゃははははははははははーっ!!」
さすがにエリスもくすぐったさには耐えきれず、浩樹に降参を示す。
だが、浩樹は構わずにくすぐり続けた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっは!? お、お兄ちゃんっダメぇだってぇ!! ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったいのぉっくひゃははははははっ!! やだぁっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
ここで甘い顔をしてしまってはお仕置きにならない。
浩樹はそう考えたのだ。
そのため、エリスへのお仕置きを続行した。
「言っただろぅ? 今日は徹底的にお仕置きするって?」ニヤリ
「ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! お、お兄ちゃんの薄情者ぉーっ!! うにゃぁーっひゃはははははははははははっ!!」
エリスは浩樹の腕の中でジタバタ暴れながら叫んだ。
すると浩樹は再びエリスの脇腹へと指を戻し、エリスの脇腹のツボを責めた。
「みゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ま、またおにゃかなのぉーっひゃははははははははっ!! だ、だからそれぇやだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くしゅぐったいのぉっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「薄情者で悪かったなぁ?」
浩樹は仕返しとばかりにくすぐる加減を強めた。
すると、エリスは身体をビクンと大きく反らせて大笑いしだす。
「きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ご、ごめんにゃさぁっはっはっはっはっはっはいぃ!! は、はくじょうもにょじゃなぁっはっはっはっはっはいぃひひひからぁっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ごめんぅっひゃはははっ!! うにゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「取ってつけたように言ってもダメだぞ?」
「やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やぁっはっはっはっはっはっは!! くすぐったぁっはっはっは!! も、もうむりゃははははははははっ、だめぇっ、だみゃはははははっ!! お、おねがぁっはっはっはいぃっ、ゆるしへぇっよぉ!! くひゃはははははははっ!!」
笑いすぎで眼に涙を浮かべながら涎を垂らすエリスの表情を見て、浩樹はくすぐる手を止めた。
すると、エリスは荒くなった呼吸を整えるように酸素を吸った。
エリスが落ち着いてから浩樹は口を開いた。
「どうだ反省したか?」
「は、反省したからぁ……も、もうくすぐっちゃやだぁ……」
「本当に反省したんだな?」
「ご、ごめんなさぁあいぃ!!」
エリスはぐったりとしながら答えた。
そんなエリスの姿を見て、浩樹は納得した。
「今回はこれで終わるが、次また同じことがあったら……」
そういうと浩樹はいきなりエリスの脇腹を強く揉みしだいた。
「ひゃあぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはんぅ!?」
不意打ちにエリスは耐えきれず笑い転げる。
「解ってるな?」
「わ、わかったよぅ……」
「じゃあお仕置きはこれで終わりな」
この日以来、エリスは学園内で浩樹のことをお兄ちゃんと呼ぶことは無くなったのだったが……。
「あ、だぁーりぃーん!! 愛しのエリスちゃんですよぉー!!」
「……解ってねぇ」
結局、『上倉先生』と呼ばれることは無かったという。
「鳳仙……学内では『上倉先生』と呼べーっ!!」
「えぇー」
また、同じ事の繰り返しになりそうです。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


  1. 2015/03/17(火) 18:00:00|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 3

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/17(火) 18:59:50 |
  2. |
  3. [ 編集 ]

↑コメさん >

コメントありがとうございますm(__)m

具体的な案をありがとうございます!!

ごゆるりとお待ちください
  1. 2015/03/17(火) 23:12:18 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/17(火) 23:21:50 |
  2. |
  3. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX