FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『サクセン』

『サクセン』

『ニセコイ』 ―桐崎 千棘 編―




「楽様を桐崎さんから引きはがす方法……っ!? そうですわっ!! コレですわっ!! 名付けて……」
かくして『桐崎千棘 変態化作戦』が開始されたのであった。
これは、橘 万里花による橘 万里花のための一条 楽 奪還作戦の一部始終である。
早速だが、作戦の概要を説明しよう。

『桐崎千棘 変態化作戦 ―楽様の愛は私の独り占め―』

①桐崎 千棘に特殊な薬を服用させ、軽度の変態にする(効果持続時間は数時間)
②上記により、一時的に変態と化した桐崎 千棘を一条 楽と接触させる。
③変態と化した桐崎 千棘に失望した一条 楽は彼女の元を去る。
④橘 万里花は落ち込む一条 楽を慰めつつ、自分をアピール。
⑤えんだぁぁぁぁあああああーーいやぁぁぁぁあああああー!!

この作戦が果たしてどのような終焉を迎えるのか……。
物語はある日の朝、始まった……。

―AM 08:30―

いつものように楽と千棘は2人で登校し、自分たちの座席に着くと、友人たちを交えて談笑をしていた。
「あの厄介なビーハイブの女も今日はお休みみたいですし……コレはチャンスですわね……」ニヤリッ
万里花は今が好機と感じ取ると、そっと教室前方から黒板消しを取り、神速で千棘の席の後ろへと駆けこんだ。
そしてそのまま黒板消しを数回パンパンと叩くと、即座に黒板消しをゴミ箱へと投げ入れた。
黒板消しから吹き上げられたチョークの粉の塊が千棘の上空に舞い、そのまま千棘の鼻を通る。
「はっ……ふぇっくしっ!!」
チョークの粉を少量吸い込んだ千棘は大きくクシャミを一度した。
「どうした千棘、風邪か?」
「あ、ううん。そんなことは無いと思うんだけど……」
不思議そうな千棘と心配そうな楽の目の前に万里花は空かさず飛び出すと、そのまま一つの飴玉を千棘に差し出した。
「風邪でしたらのど飴なんて如何です?」
「……ん? あ、ありがと」
普段ならば自身に対してそんな気遣いを見せるはずのない万里花が差し出してきた飴玉に若干不安と疑いを持ちながらも、千棘はその飴を受け取ることにした。
「まぁ、風邪をひかれたのであれば……お大事に」
「万里花……」
「では、私はこれで」ニヤリッ
不敵な笑みを浮かべながらもスッと万里花は立ち去った。
千棘は喉を鳴らすと、暫く調子を確かめる。
「本当に風邪かしら……」
そんな事を思いながらも万里花から受け取った飴を口に含んだ。
その様子を影から確認した万里花は小さくガッツポーズを決めた。
「これで①はクリアですわ!!」


―AM 10:50―

2時間目の授業が終わった時、教室ではすでに千棘の身に異変が起きていた。
「か、身体が熱い……」
千棘は風邪の時ほどではないにしろ、身体が熱く感じ、変にムズムズするような感覚に見舞われた。
「お、おい大丈夫か? 保健室行くか?」
「あ、でも次は体育だし……」
「さぁ桐崎さん!! 私が保健室まで連れて行って差し上げますわ!!」
万里花は授業終了と共に千棘と楽の前に颯爽と現れるとサッと千棘の手を取った。
「万里花……それじゃあお願いしようかしら」
「お任せ下さい!! さぁ、さぁ早く参りましょう!!」
万里花はそのまま千棘を上手く保健室へと誘導した。
保健室につくと万里花は小さな声で天井付近に囁いた。
「……本田、準備は?」
「全て完了済みです」
2人が保健室についたとき、すでに保健室は本田の手によって完全に占拠されていた。
保健室の先生は地方の温泉宿に輸送し、2人が入った瞬間、保健室の扉は外からは開けられない様に細工され、室内は完全防音仕様に改築されていたのだ。
「さぁ、桐崎さん。早くこちらに横になって下さいませ!!」
「ありがと……」
万里花は千棘をベッドに横たわらせると、そのまま千棘が眠りに就くのを確認した。
そして、制服の内側から手錠を取り出すと、千棘の手首を上に引っ張り、ベッドの頭の柵に潜らせると、両手首を手錠で繋いだ。
更に、両足首も手錠で繋ぎ一つにする。
「さぁて、あとはゴリラさんが目を覚ますのを待つだけ……うっしっしっしっしっし♪」
こうして順調に万里花の作戦は進行していった。
千棘が眠り始めてからわずか5分後、千棘は突然パッチリと目を開いた。
「予定通り5分でお目覚めのようですわね……さて、効果のほうはいかがでしょうか」
万里花はそっと千棘の顔を覗き込む。
千棘の顔はまだ若干赤みを帯びており、どこか惚けた様子であった。
「万里花……? って何よコレぇ!?」
「へ?」
完全に目を覚ました千棘は自分の手足の自由が利かないことに驚きながらもとっさに原因が万里花にあることを理解した。
一方の万里花は、千棘に服用させたはずの変態にする薬の効果が千棘に現れていないことに驚いた。
「な、何でシラフなんですかぁーっ!?」
「アンタ何言ってるのよ? っていうかさっさとコレ外してよね!!」
「……嫌です……誰が外すものですか!! これは予想外でしたが、いいでしょう……予定通りに始めさせていただきますわ」
万里花は手をワキワキと蠢かすと、ゆっくりと千棘に近づいていく。
「ちょ、な、何する気よ!?」
「何って……ゴリラさんの調教ですわ!! いざっ!!」
千棘の上から跨ると、万里花はそのまま千棘の腋の下に指を這わせた。
「ひゃう!?」
突然の出来事に千棘は小さく悲鳴を上げた。
「あ、アンタまさか!?」
千棘は万里花の、この一手で自分がこれから何をされるのかが容易に想像できた。
「今更気づいたって遅いですわよ!! 必殺っ!! こちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
万里花は指を小刻みに動かすとそのまま千棘の腋の下をくすぐり始めた。
「ちょ、まってぇっ~ひゃははははっ!! あははははははははははははははははーっ!!」
千棘はその刺激に耐える間もなく笑い悶え始める。
「あら、意外と敏感ですわねw」
「きゃははははははははははは!! ま、万里花っや、やめぇいっひゃはははははははははははははははっ!!」
「この様子ですと、案外簡単に落とせそうですわね」
「いひゃっはははははははははっ!! や、やめぇひぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
笑い悶える千棘の表情を確かめながら万里花は次の一手を打つ。
「さて、本題に入りましょうか桐崎さん」
「きゃははははははははっ!! な、なにぃっひゃはははっ!! なんなのよぅっ!! あひゃははははははははぁ!!」
万里花は少しずつ千棘の腋の下を引っ掻きまわす指のスピードを上げていく。
そしてそのまま千棘との交渉に移った。
「いますぐ、楽様と別れると宣言すれば、くすぐるのを止めて差し上げます♪」
「うきゃははははははっ、な、なにぃっひひひいっへんのよっ!! ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
千棘はこの理不尽な条件提示を受け入れる気などなかった。
「そ、そんなのぅっくぅっひぃ!! いわないわよーっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「……まぁ、想定内ですけど……」
万里花は手っ取り早く千棘を落とすために次の段階へと作戦を移す。
「だったら、これならいかがですか?」
「ひぅっ!?」
千棘は腋の下から移動していく万里花の指の感触に悲鳴を上げた。
そして万里花の指先はスッと千棘の腋の下から脇腹へと移動した。
「ここの感度はどうなんでしょうかね♪」
「ま、待ちなさいって!!」
「待ちませんわよ? あっ、もちろん楽様と別れてくださるのであれば今すぐ止めますけれどね♪」
「しつこいわね……何をしても答えは変わらないわよ? 別れられない事情だってあるし」
「例えどのような事情があろうとも私には関係のないことですわ」
万里花はそういうとゆっくりと千棘の脇腹を揉みしだく。
万里花の指が絶妙な力加減で千棘の脇腹のツボを刺激する。
「きゃぁっ!? いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはいぃっひひゃはははははははーっ!!」
その巧妙な万里花の脇腹攻めに千棘はなす術なく笑い転げる。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! す、すとっぷぅひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはぁっ!! ホントにまっひぇっへっへっへっへっはっはっはっはっはっは!!」
千棘は激しく身を捩りながら万里花の指を振り払おうとするが、万里花の指はピッタリと千棘のツボに張り付いた。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁっ!! くっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! うにゃぁーっはははははっ!! ほん、ホントにダメだって!! やめぇーひゃはははははははははははっ!!」
「笑い死ぬ前に降参した方が身のためだと思いますけれど?」
「きゃっはっはっはっはっはっは!! し、しつこいぃ!! だきゃらゆわないっへのぅっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「あら? ではそんな強情な桐崎さんにはもっと笑い悶えてもらう必要がありますわね♪」
万里花は意味深な笑みを浮かべると、ポケットからヘアブラシを取り出した。
ヘアブラシを見た瞬間、千棘は次に何をされるのかを即座に理解した。
「あ、アンタ……そ、それで何を……」
千棘は確かめるかのように万里花に問う。
「このヘアブラシで足の裏を擦られたらどんなに気持ち良いでしょうかねぇ?」
「っ!? ちょっとま、待ちなさい!!」
「あらあらそんなに慌てちゃって……もしかして桐崎さんは……ここが一番弱いのでしょうかね♪」
万里花はそっと千棘の靴下を脱がせていく。
先程まで笑い転げていた千棘の足の裏は靴下に包まれ蒸れていた。
「このコンディションだと、足の裏は相当敏感になっているでしょうね?」
「万里花っ!? ちょ、やめなさい……よね」
「まぁ、やめませんけどね(笑)」
千棘の制止など気にも留めずに万里花は千棘の足の裏にヘアブラシをあて、上下に擦り始めた。
細かい毛先からの鋭い刺激が千棘の足の裏を包んだ。
「いやぁひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったっはっはっはっはっはっはっはっはぁいぃ!! くひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! いひゃははは!!」
千棘は目に涙を浮かべながらこの刺激に支配されていく。
くすぐったさに襲われる度に身体を大きく揺らして刺激を逃がそうとする。
だが、ジャラジャラと手錠の音だけが虚しく響き、やがてその音も千棘の笑い声にかき消された。
「きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だめぇ!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「強がりな桐崎さんもこの刺激には耐えられないでしょうね? さぁ早く降参してくださいな♪」
「ふにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! す、するわけにゃっはっはっはいでひょぅっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ひひゃはははははははっ!! くひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「さぁーフィニッシュですわっ!!」
万里花が千棘にとどめを刺そうとした正にその時だった。
『コンコン』
保健室の窓ガラスから音がしたのだ。
万里花は咄嗟に窓ガラスに目を向けた。
そして窓ガラス越しにこちらを覗き込んでいる一人の少年が眼に入った。
次の瞬間、万里花は大声を上げた。
「ら、らっくん!? どげんしてこげな所におると!?」
驚いた万里花は何事もなかったかのように咄嗟に千棘の拘束を解き、窓ガラスを開けた。
「ご、ごきげんようですわ!!」
「無理があり過ぎるぞ橘……」
「こ、これには訳が!!」
「はぁ、とにかく病人の千棘にあまり体力を使わせないでやってくれよ?」
「も、もちのろんですわ!!」
呆れながらため息をつく楽の方は収拾がついたのだが……。
この後、回復した千棘に恐ろしい制裁を受けることになった万里花であった。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2015/03/09(月) 23:45:39|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 11

希望

ロケット団に捕まった
サトシがくすぐり拷問受ける小説かいてください
  1. 2015/03/12(木) 20:14:09 |
  2. URL |
  3. たとごろ
  4. [ 編集 ]

こういった感じの理不尽な嫉妬で、くすぐられる小説が大好きです^ ^
これからも楽しみにしてます♪
  1. 2015/03/14(土) 01:21:19 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]

たとごろ さん>

コメントありがとうございますm(__)m

ポケモンDPまでしか見てませんので今風でなくなりますがw

旧風で良ければ考えてみますよ?w
  1. 2015/03/14(土) 10:23:22 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

2015/03/14(土) 01:21:19 のコメ さん>

コメントありがとうございますm(__)m

理不尽頑張ります(笑)

いや……本当に登場キャラの性格によって作風が理不尽系になりますね

コメを励みにこれからもがんばりますノシ
  1. 2015/03/14(土) 10:26:07 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

ぜひおねがいします。
たのしみにしてます。、
サトシくすぐられるの
  1. 2015/03/15(日) 17:02:21 |
  2. URL |
  3. たどころ
  4. [ 編集 ]

すいません。
いつぐらいに
かけますか?
わがまま言ってすいません
  1. 2015/03/15(日) 19:52:13 |
  2. URL |
  3. たどころ
  4. [ 編集 ]

たどころ さん>

登場人物や細かいシチュとかを指定していただければ、早めに書けます(・∀・)ノ
  1. 2015/03/15(日) 23:21:39 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

くすぐるのは、ムサシ、コジロウ、ニャースでおねがいします。
旅の休憩がてら、野原で寝ている所をロケット団につかまり、つれさられてしまう。
ピカチュウゲットしたい、ロケット団はピカチュウだけを、ゲットするのは、無理と考えサトシを、こっちの仲間にしようとする。
サトシを、仲間に誘うがサトシは生意気な態度をとり、断り続ける、
ロケット団は、様々な攻撃にでるが、なかなかひるまない、サトシ。
サトシが、大のくすぐったがりというのが、ばれる。
ばれたきっかけは、かんがえてくれると、嬉しいです。
サトシを、くすぐりまくる。生意気だった態度が、激変する。
こうゆうのがいいです。

  1. 2015/03/15(日) 23:50:37 |
  2. URL |
  3. たどころ
  4. [ 編集 ]

たどころ さん>

シチュ指定ありがとうございますm(__)m

いつ?という明確な答えはまだ出ませんが、なるべく頑張りますノシ
  1. 2015/03/16(月) 01:21:24 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます
たのしみにしてます。
  1. 2015/03/16(月) 05:27:48 |
  2. URL |
  3. たどころ
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/08/02(火) 15:28:29 |
  2. |
  3. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX