FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『霧の腕 事件file.2 日向 陽花』

『霧の腕 事件file.2 日向 陽花』




File.2 日向 陽花 (ひなた はるか)

U県S市にあるE小学校に通っている陽花は、同学年である小学6年生同等の発達過程にあり、特に発育が良いわけではない。
だが、少し大人びた性格と、清楚な顔立ちから校内では人気者だった。
そんな彼女が被害に遭ったのは、Y県X市への修学旅行中だった。
その日、陽花の通う小学校は、修学旅行の2日目を送っていた。
午後4時ごろ、同級生と共に旅館へ戻る途中だった。
同級生の列の最後尾を歩いていた陽花は、道端で迷子になっている小さな女の子を見つけた。
陽花は咄嗟に集団の列から抜け、女の子に駆け寄ったのだ。
陽花はその後、30分程をかけて女の子の母親を探し出し、無事に事態は解決したのだが、女の子を慰め、母親を探すことに夢中になっていた陽花は、見事に同級生集団からはぐれてしまった。
元々、優しい性格でしっかり者の陽花は、そのため、列の先頭を歩いていた教師に列の最後尾を歩いてみんなのサポートをして欲しいと頼まれていた。
それ故に、同級生の誰一人として陽花が居なくなっていることに気付かなかった。
先頭を歩いていた教師も、旅館で点呼を行うまでその事には気づかなかった。
その後、学校側は警察に捜索を依頼。
引率教師も旅館周辺やこの日訪れた見学先を中心に捜索を始めた。
だが、この日、陽花は旅館に戻ることなく夜が明けた。
翌朝だった。
陽花は疲れ切った表情で旅館へと歩いてきたのだ。
警察の事情聴取では、迷子の女の子を助け、集団からはぐれた事を説明し、警察の捜査でも、助けられた該当の親子を確認した。
だが、どうやって一晩を過ごしたのかなど、それ以外の空白の時間の証言を得ることは出来なかった。
陽花はその事については頑なに証言を拒否したのだった。


View. 日向 陽花

女の子を母親へと引き渡した時、私は気がついた。
自分が迷子になっていることに……。
修学旅行先、ただそれだけの街。
今立っているここがどこかもわからない。
どうしようか――。
交番を探そうか。
それとも誰かに電話を借りて旅館に連絡を入れようか。
幸い、私の持っている修学旅行のしおりには旅館の住所も電話番号も書いてある。
心配はない……はず。
私は取り合えず、交番を探すことにした。
だが、交番どころか住宅街に入っても人影すら見当たらない。
これでは場所を聞こうにも聞く相手がいない。
そんな時だった。
前から一人の男の人が歩いてくるのが見えた。
私はその人に急いで駆け寄ると、そのまま訊ねた。
「あのぅ、少しお尋ねしたいのですが……」
「何かな?」
男の人は私の突然の呼びかけにも紳士的な反応を示してくれた。
「この辺りに交番はありませんか?」
「交番? ……ここからだと、10kmはあるかな」
「そ、そんなにっ!?」
とてもじゃないけど遠すぎる。
「何かあったのかい?」
「実は……」
私は親切に接してくれた男の人に事の経緯を説明した。
すると、男の人は私にこんな提案をしてきた。
「だったら俺のスマホを貸してあげたいところなんだけど……生憎、家に置いてきてしまってね。すぐそこなんだけど、来るかい?」
「……いいんですか?」
「あぁ、乗りかけた船だしね」
私は男の人の言葉に甘えて、家にお邪魔することにした。
家はすぐ近くのマンションの一室だった。
私はリビングに通された。
「じゃあ、連絡してあげよう。連絡先はわかる?」
「はい、しおりがあるので」
私は男の人にしおりを手渡した。
男の人はそれを見て番号を打ち込むと通話を始めた。
そして、電話を終えると、私に笑顔を向けた。
「担任の山田先生がすぐに迎えに来てくれるって」
「そ、そうですか……よかったぁ……あ、ありがとうございます」
私が一礼をすると、男の人は気にしないでとばかりに振る舞うとそのまま台所へと向かった。
しばらくすると、男の人はココアを淹れて持ってきてくれた。
「ほら、落ち着いたところで飲んでよ」
「ありがとうございます」
何から何まで本当に親切にしてくれる人だなと感動を覚えながら、私はココアを口に含めた。
少し経つと、何故か急に頭がぼうっとし始めたのがわかった。
もしかすると疲れているのかもしれない。
そんな事を思っている内に私の意識は途切れていた。
「……電話なんかかけるわけないじゃん(笑)」
そんな言葉が聞こえる前に――。


眼が覚めると、そこは一面に灰色な空間だった。
天地左右、すべてがコンクリートに覆われている。
そして私はベッドの上でXの字に拘束されていた。
手足は鎖で繋がれてビクともしない。
部屋の中にはベッドと換気扇しかなく、入り口とみられる扉も一枚あるだけだった。
「何で……あれ……」
私はなぜこのような状況に置かれているのかを思い出そうとする。
確か、迷子になって……。
そこまで思い出した時だった。
ゆっくりと部屋の扉が開かれた。
「っ!?」
私の視界には怪しい覆面姿の男の人が2人入ってきた。
男の人たちはそのまま室内に入ってくるとその扉を閉め、私を見てニヤリと笑った。
「おはようE小学校6年生の日向 陽花ちゃん」
「ふひひっ。俺たちもロリコンじゃあないが、たまにはこういうのもいいよね(笑)」
「な、なんで私の名前……」
目の前には如何にも怪しい男が2人。
何故か自分の名前を知っていてそのうえ身体を縛られているのだ。
私は気が動転してしまった・
「コレだよ(笑)」
そう言って男がチラつかせたのは、私の持っていた修学旅行のしおりだった。
「そ、それ……さっきの……え?」
この時私は気がついた。
先程まで自分に親切にしてくれていたあの男性に声が似ていることに。
「あれぇバレちゃったぁ? そう、さっきの親切なお兄ちゃんだよ(笑)」
「まさか誘拐しなくても自分から罠にかかる娘がいるとはな」
「いいじゃないか、手間が省けたぜ」
誘拐?
そうか、この人たちは私を誘拐したんだ。
「さぁて、陽花ちゃんはこれから俺たちにイタズラされちゃうわけだけど……」
「い、いたずら?」
「そうだよ(笑) ねぇ陽花ちゃんはくすぐられるのとこちょこちょされるのどっちが好きかなぁ(笑)」
そういうと男たちは私にそっと近づいてきた。
ベッドに寝かされている私の左右に立つと、男たちは私の身体にそっと手を伸ばしてきた。
「やっ!? な、何するの!?」
「だからさっき言ったじゃん……イタズラだよ(笑)」
伸ばされた指先がそっと私の左右の脇腹を掠った。
「ひゃあっ!?」
何とも言えない感触に襲われた私は思わず声を出してしまった。
そんな私の様子を見てか、男たちはニヤニヤとした表情で私を見た。
「なかなか良い感度してるね? さすが幼いだけある(笑)」
そういうと男たちは私の脇腹を掴み、私は思いっきり脇腹を揉まれた。
「きゃっはっは!? いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
私はあまりのくすぐったさに勢いよく笑い転げた。
「やだぁっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ま、まってぇ!! やめぇっひぇっへっへっへっへっへっへっへっへ!!」
脇腹に指が食い込むたびに、くすぐったさが私を襲った。
大笑いしている私を見ながら、反応を楽しむように男たちの指使いは緩急を持ち始めた。
「いひゃははははははっ!! うひゃははははははははっ!! えひひっ、くひゃはははっ!! ふみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
お腹がくすぐったくて私はこの刺激から逃れようと身動きの取れない体を大きく揺らした。
その私の動きに合わせて、男たちの指は執拗に私の脇腹の表面を捕らえ続けた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ま、まってっ!! くすぐったっはっはっはっはっはっはっはいぃ!! いやぁっはっはっはっはっはっはっは!! やめてぇーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
計20本の指が私の脇腹を縦横無尽に這いまわっている。
今まで感じたことのないようなくすぐったさが私を襲い続ける。
「きゃっはははははははははっ!! やぁーははははははははっ!! うにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! おにゃかはらめぇっへっへっへ!! ふみゃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くしゅぐったっはっはっはっはっはっはっはっはっはーぃひひひぃ!! うにゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「脇腹程度でこの反応は余程だねぇ(笑)」
「じゃあ、これはどうかな?」
男たちの指は私の脇腹からそっと離れ、私の身体上下にそれぞれ動き始めた。
一人の男の指は私の腋の下へと近づき、もう一人の男の指は私の脚の裏の方へと近づいていく。
「きゃんっ!? え、え、う、ウソ!? ま、まってぇ!! それはダメーっ!!」
「こうやって腋の下と足の裏を同時にくすぐられるとどんな反応してくれるのかなぁ?」
「楽しみだなぁ(笑)」
「や、やだぁーっ!! おねがっ、ひゃっはっはっはんっ!?」
私の願いなど気にせず、男たちは私の腋の下と足の裏を一斉に刺激し始めた。
絶妙な力加減で私の肌を掠るその感触に私はたまらず笑い悶える。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やぁ!! やだぁっはっはっはっはっはっは!! だみゃはははっ!! わ、私そこっだめっ!! 弱いのぉ!! うひゃははははははははっ!! ふにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やぁっはっはっはっはっはっは!! くすぐっだめぇっへっへっへっへっへっへっへ!!」
私は最大の弱点である2か所を同時にくすぐられ、頭が真っ白になる。
ただただくすぐったさしか感じることのできない感覚に私は恐怖を感じた。
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっは!! おかしくなっちゃうぅからぁっはっはっはっはっは!! も、もういいでしょっ!! くすぐったいよぅうひゃははははははははは!! にっひっひゃはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
笑い悶える私を更に追い込むように男たちは私に話しかけてくる。
「陽花ちゃんは腋の下と足の裏、どっちが好きなのかなぁ?」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ど、どっちもいやだぁっはっはっはっはっはっはっはっは!! やだよーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
好きなわけない。
こんなにくすぐったいのもう嫌だ。
私は叫ぶように返事をした。
「じゃあこちょこちょされるのが好きになるまでくすぐってあげようか(笑)」
そういうと、男たちは更に私をくすぐるギアを上げてくる。
「やだぁっはっはっはっはっはっは!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! これ以上強くしないでぇっへっへっへっへ!! ひにゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やぁっはっはっはっはっはっはっはっは!! くしゅぐったっぁっはっはっはっはっはっはっはっはぁあいぃっひひゃはっはははははっ!!」
一段と強くなるくすぐったさに私は壊れてしまいそうになる。
くすぐったさで頭がいっぱいになり、一向にやまないこの刺激、感触に私はどうしようもない嫌悪感を覚えた。
早くこの刺激から逃れたい。
本能的に私はそう感じた。
このままでは本当におかしくなってしまう。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっは!! しゅきだからぁっはっはっはっはっはっはっはーっ!! こちょこちょされるのだいしゅきだからぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だからもうやみぇっへっへっへっへよぅ!! もうやめてぇ!!」
私が男たちにくすぐられるのが好きであるとアピールすれば、この攻撃も終わるはずだ。
そう考えた。
だから咄嗟にそう叫んだのだ。
だが、そんな簡単にはいかない。
「そうかこちょこちょされるの好きなんだね(笑)」
「じゃあもっとしてあげようか」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やぁ!? ち、ちがうのっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
もう何を言っても聞き入れてはもらえない。
そう思った。
私が何を言おうと、この人たちは私をくすぐり続けることだろう。
私は薄れる意識の中、頭が真っ白になって行くのを感じながらひたすら笑い転げ続けた。
それから何分がたっただろう。
「ひぎゃはははははははははっ!! にっひゃははははっぐひひひひひっいひゃははははっうひひひひぃぐっふふひゃはははっ!! くくくひゃははっひぎいぃひひひっ!!」
私はくすぐったさに身を乗っ取られていた。
もう、後戻りはできなかった。
指が私の身体を這うだけで口からは狂ったような笑い声があふれ出る。
涙も涎もたくさん流した。
身体はくすぐったさに跳ねるように反応した。
私の体は完全にくすぐったさに犯されていた。
「じゃあ記念撮影しようか陽花ちゃん」
男は私にスマホを向ける。
「はい、笑って笑って(笑)」
笑おうとしなくても自然と表情は笑顔になってしまう。
くすぐりの余韻が身体中を走り回っているのだから。
「ひひひひっふみゃはははっ……ぐひひっ、あひぃ」
『パシャ』という音と共に、私の情けない姿がカメラに収められた。
「さぁて陽花ちゃん。長いこと遊んでくれてありがとうね(笑)」
「これでこちょこちょの刑は終わりだけど……この事、誰にも言っちゃダメだよ? もし、誰かに言ったら……この写真がばら撒かれちゃうからね? お友達や先生やパパママにも見られちゃうよ?」
そう言って男たちは私の目の前にスマホの画面を差し出した。
そこには涙と涎で顔をぐしゃぐしゃにして、壊れたような笑顔の私が映っていた。
私は恐怖心と恥ずかしさに涙を流しながら、気がつけば旅館の近くに立っていた。
外に一人で放り出されてからの記憶はあるが、男たちに写真を見せられてからの記憶は無かった。
ただただ呆然としていた。

View End.


今回の被害者は、まだ幼い少女であったことから警察では重大事件として更に本腰を入れた捜査を始めた。
だが、もちろん被害者からの証言の得られないことには概要が全くとして解らない。
この一連の事件は一体どのようなものなのか?
犯人の目的は何か?
動機は?
何もかもが進展しないまま続く連続事件だったが、遂に捜査難航にも終止符が打たれた。
被害者の一人が事件の証言を始めたのだ。
そんな勇気ある被害者、連続事件の最後の被害者の話をFile.3で語る事にしよう。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


  1. 2015/02/28(土) 00:36:13|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

ココアうまい!

朝一発いただきました!
私は陽花ちゃんの靴下を食べます!
苦しみから逃れたくて、大笑いしながら「だいしゅき」て言ってしまうの可愛らしい
  1. 2015/02/28(土) 07:14:25 |
  2. URL |
  3. ert
  4. [ 編集 ]

ertさん>

朝一発お粗末様でした

靴下はおやつではありません。

主食です!!
  1. 2015/03/01(日) 15:00:12 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX