FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『霧の腕 事件file.1 相川 奈々美』

『霧の腕 事件file.1 相川 奈々美』




file.1 相川 奈々美 (あいかわ ななみ)

X市立H高等学校の1年生である彼女は、学内でもとても目立つ生徒だ。
発育途中とは思えないような抜群のスタイルに少し幼さの残る顔立ちの彼女は同級生上級生問わずに注目を浴びていた。
誰もが奈々美と付き合いたい。
そう思わせるような存在だ。
そんな彼女が被害者となってしまったのはある日の午後7時頃だった。
部活に入っていなかった彼女は、放課後の教室で友人と自習をするような真面目な生徒だ。
この日も午後6:30まで自習をし帰宅する予定だった。
彼女が学校を出たのは午後6:40。
彼女は学校から家まで徒歩で帰宅している。
学校から家までは徒歩で約20分ほど。
ここまで遠ければ自転車で通学するのが一般的ではあるのだが、彼女はそうしなかった。
これが彼女を被害者にしてしまった一つの要因でもあったのだろう。
午後6:49
頃、彼女の通学路の途中にある小さな公園の横を通り過ぎようとしたときである。
奈々美の身体は暗闇の中、明るく照らされた。
良く見て見ると光源は車のライトだった。
そこからは一瞬の出来事だった。
車の助手席から降りて来た男に奈々美はハンカチを口や鼻を覆うようにして被せられ、助けを呼ぶ暇もなく気絶させられてしまった。
後の捜査によると、このハンカチにはクロロフォルムが散布されていたことがわかった。
そのまま奈々美は車の中に引き込まれ、忽然と姿を消したのだった。


View. 相川 奈々美

私が眼を覚ますと、そこは一面がコンクリートで囲まれた小さな個室だった。
目の前には小さな扉が一つあるだけでそれ以外は何もなかった。
私の身体は壁に大の字で固定されており身動きが一切取れない。
なぜこのような状況下に自分が置かれているのか理解できなかった私は必死で記憶を辿る。
いつも通りに帰宅する途中までは思い出せるのだが、記憶が曖昧になってしまっている。
思い出せないことへの不安といら立ち、そして身動きの取れないこの状況への恐怖心に私は胸を打ち砕かれそうな想いだった。
その時、目の前の扉がキィ―という音を立てながらゆっくりと開いた。
「やぁ、お目覚めかい姫?」
扉からは気味の悪い黒い覆面姿の男? が2人現れ、この小さな個室内へと入ってきた。
この人たちはいったい何者なのだろうか、その疑問と奇妙な姿から私の恐怖心は更に煽られる。
「確か、学生証には『相川 奈々美』とか書いてあったな」
「じゃあ、ななちゃんだな。よろしくね(笑)」
声の質や雰囲気から言ってまだ若い年齢に感じた。
私は不安な気持ちを抑えきれずに彼らに疑問を投げかけた。
「あ、あの……あなたたちは……誰ですか? 私はどうしてここに……?」
勇気を振り絞って尋ねると、彼らは笑い声を上げながら、私に近づいてきた。
「俺たちは……そうだな。誘拐犯? みたいなもんだな。ななちゃんも最近ニュースで聞いたことあるんじゃない? 連続不審失踪事件ってやつ」
「っ!?」
男の話に私は身体をこわばらせた。
男の言うとおり、最近、ニュースで何かと話題になっている少女連続失踪事件を私は知っていた。
もちろん、市内での出来事ということや、被害者の年齢層が近いということもあって、家でも学校でも何かと話を聞いている。
不審な人物には気をつけろなど主に注意だが。
「あれ、俺らの犯行なんだよねぇ~」
「んで、今日の俺たちの餌食がななちゃんってわけさ。前々から目を付けてたんだけどね可愛いし(笑)」
「……そう、ですか」
「あれぇ? 意外と肝座ってんね? そこはやめて助けてって泣きわめくところだよ?」
「あぁ、今までの女の子たちもそう言って俺たちに泣きついていたが」
この時、私には助かる確信があった。
命は奪われることはないであろうという考えが私の心をコントロールしたのだ。
今までの事例も、少女たちは翌日には自宅に戻っている。
つまり、私も明日には家に帰れる。
いつも通りの生活に戻れるのだ。
「もしかして我慢強い娘なのかな?」
「だったら泣かせる甲斐があるってもんよ」
泣かせる?
そういえば、被害者たちはみんな疲れきって家に帰るとか……。
何をされるのだろう。
真っ先に浮かんだのはエッチな事だった。
そうだ、男たちが私達を誘拐してまでエッチなことをしたいと思うことは不思議ではない。
そんな事を考えているときだった。
私の腋の下に我慢しきれないほどの強烈な感触が蠢いたのは。
「きゃぁんっ!?」
私は悲鳴を上げて身を捩った。
そしてすぐにその刺激の元を目で追った。
すると、片方の男が指先で私の腋の下を引っ掻いていたのだ。
「ひゃんっ!? な、何よ……い、いひひっ」
男たちは私に何をするつもりなのか。
本当に不気味だ。
男たちは私の反応をみると満足そうにニヤついた。
「感度は……合格だな。声もイイ、コイツは大当たりだな」
「あぁ、早くも興奮してきたぜ(笑)」
「じゃあ早速始めさせてもらおうかな」
そういうともう一人の男も私の横に立った。
2人の男は私をはさんで私の左右に立ったのだ。
そして2人は互いに合図を送ると、再び不気味な笑いを浮かべ、私の身体に手を伸ばしてきた。
「ひゃぁっ!? え……な、何コレっ!? やぁ!? ちょ、待ってぇー!! やだぁぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
男たちの指は私の想像とは違った場所にあった。
20本の指は、見事に私の左右の腋の下から脇腹の上を這っていたのだ。
その指先は私の肌を掠めるように制服の上で蠢いている。
「やぁだっ!! くすぐったっはぃっ!! くひゃはははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
制服越しでも鋭く伝わる刺激は、まさにくすぐったいの一言に尽きた。
「やっぱりくすぐられてる時の女の顔はいいもんだな」
「どうだ? ななちゃん、くすぐったいかなぁ?(笑)」
「ひゃははっ、ひゃはははははっ!! な、なんでぇっいひひぃっくひゃぁっはっは!! 何でくすぐるのぉーっ!? きゃっはっはっはっはっは!! あはははははははははーっ!!」
私は自分が何故くすぐられているのかが理解出来なかった。
前戯のつもりなのだろうか。
「なんでって、そのために誘拐したからさ」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! い、意味わかんないよっ!! ひゃひひひひひっきっひっひ!! いひゃははははははあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
そんな訳のわからないやり取りをしている間にも私の上半身を縦横無尽に這いまわる20本の指に私の身体は翻弄されていた。
右の腋の下がくすぐったいと思えば突然左の脇腹がくすぐったくもなる。
もう全身がくすぐったい気分だ。
笑いながらもくすぐったいと叫びたくなるが、それでは彼らを喜ばせてしまうと思った私はせめてもの抵抗としてくすぐったいと言わないことにした。
「やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃはははははははっ!! いひゃはははははははははははーっ!!」
それでも我慢できなくなって嫌だという言葉は抑えきれなかった。
「どうなの? ななちゃん? くすぐったいのかな?」
「いひゃははははははっ!! あははっ、きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
くすぐったいに決まってるじゃない。
すぐにでもその手を払いのけたい。
私はそう思ってからか無意識に身体を捩っていた。
それに気づいてか男たちは調子を良くした。
「おやぁ? 暴れちゃダメだろ? くすぐったくても逃げられないからな(笑)」
「やっぱりくすぐったいんだよね? ちゃんと言ってくれなきゃ興奮できないじゃん」
「きゃっはっはっはっはっは!! そ、そんなことっいひひひっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひゃはははははははははっ!!」
「でも身体は正直だよな? 身体を震わせながら笑い悶えるしかないからなぁ?」
「じゃあちょっと本気出しちゃうよ?」
男たちはそういうといきなりくすぐるスピードと力を上げて来た。
私は心の準備ができていなかったこともあり、その突然の強烈なくすぐったさに身体を更に大きく捩らせた。
「やっ!? きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? だ、だみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「お、反応が変わったな?」
「もっとやるぞ(笑)」
「やだやだやだぁーっ!! まってぇっ!! ひゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ダメっダメぇ!! くすぐったっはっはっはっはっはっはっはっは!! いやぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! あはははっ!! だめぇーっ!!」
私は我慢できないほどのくすぐったさに簡単に屈服してしまった。
口からはあふれ出る笑い声と共に小さな抵抗でもあった言葉を惜しみもなく吐き出してしまった。
くすぐったい。
ただその感覚で頭がいっぱいになり支配されてしまったのだ。
「やぁーっはっはっはっはっはっはっはーっ!! お腹ダメぇっ!! やぁっ!! そこもくすぐったいからっ、お願い許してぇっ!! ごめんにゃさぁっはっはっはっはっはっはっはいっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! も、もういいでしょっ!? お願いだからぁーっひゃっははははっ!! これ以上はダメなのっ!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっは!! やぁーっはっはっは、くすぐっちゃやぁー!!」
とにかく必死だった。
もうプライドも抵抗もどうでもよかった。
このままくすぐられたら私は可笑しくなってしまう。
今すぐにでもこの刺激から逃れることを本能的に望んだのだ。
「やっと素直になったねななちゃん」
「くすぐったがりなんだね? そんな淫らな娘にはお仕置きが必要だな(笑)」
そう言ってバカにするように笑うと男たちは手を止めた。
そして私の耳元で囁き始めた。
「ななちゃん、これからゲームをしようか」
「……ゲーム?」
どうせこのまま助からないことはわかっている。
だからこそ私は男たちに耳を貸した。
さっさと満足してもらって解放してもらおうと考えたのだ。
「そう。いまからななちゃんをくすぐって、笑うごとにななちゃんの服を脱がせていくっていうすばらなゲーム(笑)」
どこがすばらしいのか。
ただの変態じゃないか。
「もちろん拒否権はないけどね(笑)」
最初から解ってたわよ……。
「じゃあまずは……腋の下からだな」
そういうと2人の男は一斉に私の腋の下を割りと本気でくすぐってきた。
我慢しようと思ってもこんなの我慢できるわけがない。
あっという間に私の頭はくすぐったさでかき乱された。
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やだくすぐったいぃっ!! きゃーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やだぁーっはっはっはっはっはっはっは!! やだぁっやぁーぁっ!! やみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「はいアウト~(笑)」
男たちは約束通りとばかり、私のセーターをはぎ取った。
「次はYシャツを剥がしたいなぁ」
「俺はスカートだな」
好き勝手言う男たちに私はいら立ちを覚えつつも、このままでは裸にされてしまうと思い、出来る限り我慢しようと決心した。
だが、決心は脆くも打ち破られた。
次に男たちは私の脇腹をもみくちゃにまさぐってきたのだ。
「そこはだめぇーっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったいっ!! くすぐったいからぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! お腹よじれちゃうぅ!! いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーっ!!」
「イエーイっ!! スカートGetだぜ!!」
私はあっという間にスカートまで脱がされてしまった。
上はYシャツとブラだけ。
下はパンツだけ。
この状態では後3回笑えば全裸になっていることだろう。
それを考えると余裕はない。
耐えなきゃ。
そう自分に言い聞かせて歯を食いしばる。
「さぁーて、次はどこにしようかな(笑)」
男たちはニヤつきながら私の身体を見渡してくる。
そして、指を少しずつ私の体に近付けてくる。
来る。
そう思うと先程のまでの刺激の余韻が私の脳を震わせた。
「ひぃっくひぃっ!?」
私は指が触れる前から笑い出してしまいそうになった。
それが自分で信じられなかった。
もしかすると、身体はすでに限界に近いのかもしれない……。
「くすぐる前からその反応じゃぁ」
「もう限界かな(笑)」
そういって更に嫌な笑いを浮かべながら男たちの指は私の太腿に触れた。
「ひゃうっ!? いひゃははっ!!」
そしてそのまま私の左右の太腿から内股を縦横無尽に這いまわった。
「きゃはははははははっ!! や、やみぇひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! いにゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃひぃいひひひひっ、うひゃははははっんっひぅひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
私は足をバタバタさせて抵抗を試みるが、足に繋がれた鎖がそれを許さず、ジャラジャラと音を上げるだけだった。
「またアウトだな(笑)」
「弱いよ弱いよ~♪」
男たちは満足そうに私のYシャツのボタンに手をかけた。
私のYシャツはあっという間に宙に舞い、私はいよいよ上下共に下着姿にされてしまった。
「さて、残りは下着だけだけど……さすがにそこまでは止めておこうかな」
「あぁ、俺たちはただ単にななちゃんをくすぐりたいだけだし(笑)」
「……」
なんだか良くはわからないが、裸になることは免れられたかもしれない。
ただ、今の言葉通りだとすると――。
「ということでゲームオーバーだね。罰ゲームはもちろん……」
予想は出来ていた。
「ま、待って!! も、もういやなのっ!! これ以上はしちゃダメっ!! お願いだから……」
私の必死の願いも男たちに聞き入れてもらえるわけもなく。
容赦なく男たちの手は私の身体を蝕み始めた。
腋の下を無茶苦茶に引っ掻きまわされ、胸の横をツンツンされ、脇腹を激しく揉みしだかれる。
とことん容赦のないくすぐりに私は悲鳴を上げて笑い悶えた。
「ひゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはんっ!? いやぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ダメぇーへっへっへっへっへっへっへ!! もうやらぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! いにゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
そんな私の様子を見てか、男たちも楽しそうに指を這いまわらせた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーひぃっひひひひひっきぃひゃははははははははっ!! うにゃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ダメっダメぇーっへっへっへーくすぐったぁっはっはっはっはっははっはっはっはっはーいひゃっはははは!!」
指は次第に下半身まで到達し、太腿、内股、膝裏、足の裏などほぼ足全体を蠢き始めた。
「やぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もう許しへぇーっひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーいひぃっきぃひっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「ななちゃんの笑い顔そそるなぁ(笑)」
「同意だわw」
「ひっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! おねがぁいいひぃっひひひひひっ!! もう、やみゃへぇっへっへっへっへっへーっ!! うきゃきゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
全身を刺激する指先の感覚に私はあっけなく落とされてしまった。
眼が覚めると、私の拘束は解除されていた。
ただ目の前には、先程まで私をくすぐっていた男たちがいたが……。
「おはようお目覚めかな?」
「……まだ、するつもり?」
「もう十分させてもらったからね(笑) ななちゃんは解放してあげるよ」
そういうと、男たちは数枚の写真を私に差し出してきた。
「!?」
私はその写真に絶句した。
そこには、先程までの私の姿が鮮明に写っていた。
「もし君が、このことを他の誰かに話したら……この写真がネットに出回っちゃうかもね(笑)」
「脅迫するつもり!?」
「大丈夫だよ。言わなきゃいいんだから(笑)」
「そうそう、それが解放条件だしね(笑)」
私は、完全に手を封じられてしまい、男たちの言いなりになるしかなかった。
私は目隠しをされ、車に乗せられるとそのまま移動させられた。
車は数分して停車し、私の目隠しが外された。
「さぁ、ここまでだ。昨日はご馳走様(笑)」
「今回の事、誰かに話したら……また会おうね(笑)」
そういうと、男たちは私を車から降ろし、そのまま走り去ってしまった。
私が気づかない内に、もう朝を迎えてしたようで、空には陽が昇り始めるところだった。
そして、私が降ろされた場所は街外れの公園前だった。
私が徒歩で自宅に戻ると、親は警察に通報していたらしく、大人数の警察官が待機していた。
もちろん警察は私も例の連続誘拐事件の被害者であるということは理解しているだろう。
そして、私が口を割らない――いや、割れないことも……。

View End.


この一件以降、犯人側が彼女に接触してくることは無かったという。
それはもちろん、奈々美が事件の詳細を誰にも話さなかったからである。
こうして連続誘拐事件は、またも解決への手掛かりを見つけられずに被害者の帰還を迎えた。
犯人の目的、意図は被害者にしか解らない。
しかし、それが他者に伝えられることはないため、捜査は難航をし続けていた。
その間にも被害者は出続ける。
次の被害者の話はfile.2 で詳細を話す事にしよう。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


  1. 2015/01/27(火) 01:25:26|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

警察よ、無能であれ!

新年一発目から飛ばしてくれますね!
監禁していきなり「ななちゃん」とか馴れ馴れしく呼ぶ男のクズさ加減とか最高にすてきやん!
女子中学生、女子高生FUUUU↑
警察の皆さん、どうか永久に無能でいてください。お願いします。
  1. 2015/01/27(火) 20:55:34 |
  2. URL |
  3. ert
  4. [ 編集 ]

ertさん>

コメ返遅くなりましたごめんなさい><

犯人はクズであれ!!決して星ではないのだ!!

はい、めっちゃクズですw

警察が無能のままだと永遠と被害者が出続けますね……

ごめんなさい、解決しちゃいますw
  1. 2015/02/28(土) 00:38:54 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX