FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『敏感ウサギのメイドさん』

『敏感ウサギのメイドさん』

『まよチキ!』 ―宇佐美 マサムネ 編―




宇佐美 マサムネ……通称『性悪ウサギ』。
「ちょっとナレーションっ!! 余計なことはいいのよ!!」
あ、はい……ごめんなさい。
「解ればいいのよ。続けなさい♪」
えっとじゃあ続けます。
彼女は今、自身がメイドとして働いている涼月家の一室で拘束されていた。
「えっ!? ちょ、聞いてないわよっ!?」
ベッドの上で仰向けに大の字で拘束された彼女の目の前には主である涼月奏がいた。
奏は不敵な笑みでメイド服姿のマサムネを見つめている。
そんな奏の如何にも怪しい雰囲気にマサムネは不安で満たされていた。
っと、ここまで導入でよろしいでしょうか奏さま?
「えぇ上出来よナレーターA」
「ちょっ、これどういうことよっ!? なんでこんな状況に……っていうか、なんでアンタがナレーターを支配してるわけ!?」
「……権力って、便利よね♪」
「あ、アンタねぇ!!」
「じゃあナレーターさん。もういいわ、作者さんに代わってくれる? あ、報酬は不信用金庫マサラタウン支店で良かったかしら?」
「マサラタウン支店っ!?」
あ、はい。
そこでお願いします。
「わかったわ。すぐに振りこむから」
はい、では失礼しますノシ
「……さてウサギさん」
「宇佐美よっ!!」
奏のいつものおふざけにマサムネは早くも疲れたような表情を見せたが、いつものように鋭くツッコミを入れた。
そんなマサムネの姿に満足したような笑みを浮かべながら奏はマサムネの拘束されているベッドの上に膝をついて上がった。
そしてそのままマサムネの腰を跨ぐようにして馬乗りになると、奏はマサムネの顔を覗き込んだ。
「涼月家のメイドさんとして、主であるこの私の暇つぶしに付き合って欲しいのよ」
「ひ、暇つぶし?」
「そうよ。そのためにあなたは拘束されてるの♪」
「そんなことでいちいち拘束しないでよっ!!」
マサムネは自身のおかれている状況の発端にあきれたように叫んだ。
「ていうか、暇つぶしって……何をするつもりなのよ?」
「よく訊いてくれたわっ!!」
奏は待ってましたとばかりの反応を示すと、そのままマサムネの両腋の下に両手をそれぞれ突っこむとそのままそのがら空きの腋の下をコチョコチョとくすぐり始めた。
奏の指先がマサムネの腋の下をかすめた瞬間、マサムネはビクンと身体をうねらせて笑い出した。
「ひゃんっ!? ひゃははっ!? ちょ、まっ……きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
楽しそうにマサムネの様子をうかがうと、奏はそのまま今回の趣旨を話し始めた。
「暇つぶしと言うのは他でもないわ……コレよ?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! こ、コレよってっへへへへへっ!! い、意味わかんなぁっはっはっはっはっはいぃ!!」
マサムネは腋の下への刺激に笑い悶えながらも、この意味不明な状況に不満を隠せない。
「意味? あら、そんなの簡単よ」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっは!! じゃ、じゃあ何なのよーっ!! きゃっひひひひひひひゃはははははははははっ!!」
「言ったじゃない……ただの暇つぶし♪」
「あ、あんたねぇっ!! っひゃはははははははははっ!! きゃははははははっ、みゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「それにしても……敏感なのねウサギさん」
「きゃははははっ!! うっ、うしゃみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 宇佐美よっ!!」
「腋の下を少しくすぐっているだけでこの反応だと……」ニヤリッ
奏はニヤリと笑うと、そのままくすぐる勢いを少しずつ強めていった。
その強さに比例していくようにマサムネは身体を大きく捩らせ顔を紅潮させていく。
「いやぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁっはっはっはっは!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはひゃはははははっ!!」
「あらあら。こんなに大笑いしちゃって、はしたないメイドさんねぇ」ニヤニヤ
「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! く、くすぐられてっ!! きゃははははははっ、わ、わひゃははははっ!! 笑わないなんて無理よっ!!」
マサムネの言うことはもっともであるが、奏はそんな事お構いなしに腋の下をまさぐり続ける。
「あら、ウサギさんが敏感すぎるだけなんじゃないかしら?」
「そっ、そんにゃこひょはははははははっ!! にゃ、にゃいわよぅひゃははははははははははーっ!! くひひっ、いひゃはははっ!!」
「ふーん……だったら」
奏は何かを思いついたような表情を浮かべるとマサムネの腋の下から手を抜いた。
そしてマサムネに意味深な笑顔を向けると再び口を開いた。
「私と勝負しましょうウサギさん♪」
「はぁ、はぁ、しょ、しょうぶぅ? はぁ、はぁ……」
マサムネはやっと終わったくすぐり攻撃の余韻を身体に残しながらも息苦しそうに呼吸をすると、奏のウサギ発言に言及することもなく耳を貸した。
「そう。ウサギさんが敏感か敏感じゃないのか……はっきりとさせましょう♪」
「だ、だから敏感じゃないって……きゃっはっはっはっは!?」
「こんなにくすぐったがりなのに?」
「いきなりこちょこちょしないでくれるっ!?」
「じゃあウサギさん。ウサギさんにはこれから『降参』する権利をあげるわ」
「ちょっ、何勝手に話を」
「『降参』したらウサギさんは敏感ウサギ認定。『降参』しなければウサギさんは宇佐美さん認定ということで」
「だから最初から私は宇佐美よっ!!」
そう叫ぶマサムネに耳も向けずに奏は再びマサムネの腋の下に指を近づけていく。
「じゃあ……始めましょうか♪」
「ちょっ!? 私はまだやるなんて一言も……きゃっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だかりゃいきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ、にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
最初からハイスピードで責め始めた奏の指先は何度も何度も素早くマサムネの腋の下を掠っていく。
その刺激に耐えきれるわけもなく先程のようにマサムネは笑い悶え始めた。
「にゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ふひゃははははははっ、いひひっくひゃははははっみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったいってばっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「ほら、やっぱり敏感ウサギさんじゃない♪」
「ちっがうわっよぅ~っ、きゃっは!? うひゃはははははははっ!! ひぃぎぃっ!! あっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いひゃはははははははははっ!!」
「この調子じゃあ降参するのも時間の問題ね?」
「だ、だかりゃっはっはっはっはっはっはっはっはぁ!! 私はぁっはっはっはっはっはっはっはっは!! やるなんていっへにゃっはっはっはっはっはっはっはっはぁーいっ!!」
「だからぁ~降参すれば全て終わるのよ? 私は敏感ウサギでぇーすって認めれば……ね♪」ニヤニヤ
奏のこの挑発的な物言いが、マサムネの意地をより強固なものへと変えた。
「だ、だれがぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! 降参なんきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ、ひゃはははははははっ、いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「腋の下だけじゃ落とせないかしら……ならっ、こっちもくすぐってみようかしらね~?」
奏はそっとマサムネの腋の下から脇腹へと指を降ろした。
「ひゃはっは!?」
「やっぱりここも敏感みたいね?」ニヤニヤ
「ち、ちがっ」
「身体は正直で可愛いわね♪」
楽しそうな表情を浮かべると奏はそのままマサムネの脇腹を揉むように擽り始めた。
その強烈な刺激に強がっていたマサムネも耐えきることができなく、笑声を溢れさせた。
「ふにゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ちょ、ちょっとまっひぇへへへへへっ、くひゃはははははははははっ!! きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「さぁさぁウサギさん? あなたも正直なりなさい」
「ひゃはははははははははっ!! い、いみわかんにゃっはっはっはっはっはいっ!!」
「ただ一言、『私は敏感ウサギでぇーす♪キャピキャピ』と言うだけで解放されるのよ?」
「い、いうわけないでしょっ!? きゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひゃははははっ、いひゃははははははははははははーっ!!」
「あら? でもウサギさんは限界も近いようじゃない?」ニヤニヤ
奏の言うように、マサムネは肉体的も精神的にも限界が近かった。
眼にはうっすらと涙をため、顔は真っ赤に紅潮している。
笑いすぎて呼吸も不安定な状態だ。
「ウサギさんに選択肢はないのよ? だって、ウサギさんには降参以外の選択肢が用意されていないんだもの♪」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? な、なにいっへるのよっ!! みゃはははははははっ、くっひゃはははははははははっ!!」
「そもそもこのゲームには、ウサギさんの勝利条件が前提から成立しないのよ(笑)」
「ど、どーゆーこひょよっ!? ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! 降参しなければっ、いひひひひっんぐぅっ!! いいんでしょっ!?」
「だって私、制限時間なんて指定してないのよ? それに言ったじゃない。ウサギさんには『降参』の権利をあげるって。私ウサギさんにそれ以外の権利を与えていないわよ?」
「えっ?」
「だからぁ~ウサギさんは降参しない限りくすぐられ続けるってことね?」ニヤリ
してやったりの奏の笑顔にマサムネは騙されたことに気付いた。
いや、のせられたと言った方が正確だろう。
「だ、だみゃはははははははははしひゃはははははははっ!! だみゃしははへっ!?(騙したわねっ!?)」
「えー聞こえないわー」棒読み
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっひひひぃいいいっ!! ひひひゃははははははははっ!!」
「楽しいけど、そろそろ私の指も疲れてきたし……降参しないなら止めをさしちゃおうかしらっ♪」
「あひゃははははははははははっ!! あんひゃにゃにおぉ!! きゃっひっひっひっひっひっひっひひゃはははははははっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
奏は言葉通り、マサムネの攻略に本腰を入れ始めた。
急にくすぐる指のスピードと力の入れ方をより激しいものに変えたのだ。
その恐ろしいまでの威力は強烈な刺激となってマサムネの体中を駆け巡った。
「きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? ちょっ、強いぃーっひっひっひっひーっ!! いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くひゃははははははははははっ!! くすぐったっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁははははっいぃっひ!! わきゃはははははははははぁーっひひゃははははははははははははは!!」
「ちなみにウサギさん? 例え降参しなかったとしても……気絶しちゃったらぁ~それを証拠に敏感ウサギだと立証されるから♪」
「ひゃぁーっひゃははははははははははははぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁああーっ!! やぁひゃははははあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーぁっ!! き、気絶なんかしにゃははははははははぁーいっくひゃはははははははははははははははーっ!!」
「それはどうかしらね?」ニヤニヤ
奏はすでに理解していた。
先ほどから限界の近かったマサムネならば、このまま攻め続ければすぐにでも陥落してしまうであろうことを。
強がりながらも顔を真っ赤にし刺激から逃れるように身を捩り笑い悶えるマサムネの姿からもそれは容易に予測できた。
「気絶するのが先か降参するのが先か……楽しみよね?」
そう言ってラストスパートをかけようとしていたその時だった。
『ピピピピ♪ピピピピ♪』
突然室内にアラーム音が響いた。
その音に気付くと、奏は残念そうな表情を浮かべてマサムネの脇腹から手を放した。
「残念ながらタイムアップみたいね……まぁ、ウサギさんのおかげでいい暇つぶしになったわ♪」
「はぁ、はぁ、はぁ……ど、どういうっ、はぁ、はぁ、ことよ?」
「私の次の予定までの時間が結構あったから、それまでウサギさんに暇つぶしに付き合ってもらった……ただそれだけよ?」ニヤリッ
「な、なによそれーっ!?」
「というわけだから、感謝してるわ超敏感ウサギさんっ♪」
そういうと奏は室内から退室していった。
それと同時に何名かのメイドが入室し、茫然としているマサムネの拘束を解くと何も言わずに退室した。
ひとり取り残されたマサムネはベッドの上でしばらく硬直すると、ハッと我に返って口を開いた。
「だから私は宇佐美だってばーっ!!」



< あとがき >

さて、1か月半もの更新抜けをお先にお詫びいたしますm(__)m

はい。生きてます……

寒さに負けず頑張ってます(笑)

といったいい加減な挨拶も終え、皆様への謝罪も済ませたところで本題ですね。

今回は『まよチキ!』から性悪ウサギの宇佐美さんにご登場いただきました。

通りすがりの変態さ さんにリクエストしていただき、そうか、まだ、まよチキには手を出していなかったな……。

なんて思って手を出してみました(笑)

ウサギさんを受けにしたのは個人的な趣味でしたが。

そういえば、本編では主人公のチキンくんの妹である坂町 紅羽がくすぐりに弱いという設定でしたね。

でもそこに手を出さなかったのは……まぁ、妹バブルの所為ですよ?

世に蔓延る妹キャラを次々と餌食にしてやるっグヘヘヘヘみたいになっちゃいますからね(笑)

うん。。。

でも、アニメには妹が付き物だし~いいんじゃないの?なんて思ったりもしますが

まぁ、他のプロ擽SS作家さんたちに任せます(笑)

私はアマチュア趣味擽SS作者なので地味に頑張りますw

長くなりましたが、久しぶりの更新となったこと、改めてお詫び申し上げます。

と、ともに、寒い日々が続きますがお客様方体調にお気をつけてお過ごしください。

奏さんのSっぷりとウサギさんの悲鳴を背に今回の更新を終えますm(__)m

※今回から少し作品表示が変化しましたが、今後はこのタイプに統一します。

過去作品も順次訂正作業に入ります。
スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/12/19(金) 00:58:28|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/12/20(土) 11:54:18 |
  2. |
  3. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

14/12/20 匿コメさん>

コメントありがとうございますm(__)m

お姉さん×ショタって……面白いですね(笑)

なんか構想ねってみます( `ー´)ノ
  1. 2014/12/22(月) 18:33:08 |
  2. URL |
  3. Akris
  4. [ 編集 ]

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX