FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『オフロバ』

『オフロバ』

『ニセコイ』 ―小野寺 小咲 編―



これは、小野寺姉妹の日常の風景のワンカットに過ぎない。

―PM8:30 小野寺家浴室―

そこには仲の良い2人の姉妹の姿があった。
2人とも身体を隅々まで洗い終え、2人して湯船に浸かっていた。
ゆっくりとそして充実した時間を送っていたまさにその時だった。
妹である春の一言がこの静寂を破った。
「ねぇお姉ちゃん。どう、一条先輩との進展は何かあった?」
「え……ほぇええっ!?///」
唐突な春の質問に、姉である小咲は顔を真っ赤に染め飛び上がった。
春はそんな姉の様子をニヤニヤとしながら見つつ楽しんでいる。
「だって、好きなんでしょ? 先輩のこと」
「そ、そそそそそそ、それはぁ!!///」
慌てふためく小咲を見ながら、春は改めて思った。
やっぱりお姉ちゃんは可愛いなぁ……。
こういうときのお姉ちゃんは何だか苛めたくなっちゃうかも?
「で、どうなの?」
春は若干ニヤニヤしながら小咲の顔を覗き込んだ。
「や、やっぱりダメっ!! 春にも教えられませんっ」
小咲は顔を真っ赤にしながらもハッキリとした口調でそう叫んだ。
もちろん、そんな答えで春が納得するわけもない。
むしろこの答えが春のスイッチを入れてしまったといっても過言ではない。
「じゃ~あ、お姉ちゃんの身体に聞いちゃおうかなぁ~♪」
「ふぇっ!?」
春は湯船の中で小咲の身体を前から抱きしめる。
突然の予想外の出来事に小咲はびくぅっと身体を震わせた。
そんな小咲の様子などお構いなしに春は人差し指で小咲の背筋をなぞった。
「いひゃあっ!?」
小さな悲鳴を上げると小咲は大きく身体をくねらせて力が抜けたようにだらんとした。
春は小咲を抱きしめたまま耳元で囁いた。
「ちゃんと教えてくれなきゃぁこのままこちょこちょしちゃうよぉ?」
「え、えぇーっ!?」
春の宣戦布告に小咲はオドオドしながらどうしようもない悲鳴を上げた。
「後10秒待ったげるね♪」
そう言うと春は小咲の耳元でカウントダウンをし始めた。
一方の小咲はくすぐられるのは絶対に避けたいが、楽との関係を正直に、自分の気持ちを正直に話すことなど、実の妹相手でも恥ずかしいと考えていた。
「ご~ぉ♪」
気づけばカウントダウンはすでに半分をきっていた。
仕方がない。
小咲は話すことを決意すると、顔を更に真っ赤に染めながら口を開いた。
「えっ、えっとぉ!!///」
「ぜ~ろっ♪」
それと同時に春のカウントダウンも終わった。
「はい、お姉ちゃん時間切れぇ~」
春は楽しそうな笑顔を浮かべると抱きしめたまま小咲の腋の下に指を添えた。
「ひゃっはっはっ!?」
指が触れただけで小咲の口から笑い声が漏れた。
「へっへ~♪ じゃあお姉ちゃんはこちょこちょの刑だねっ?」
「ちょ、ちょっと待ってぇ~!!」
焦りながらも何とか春を止めようと試みる小咲。
だが、春はニヤニヤしたまま言い放った。
「だぁ~めっ♪」
小咲の願いとは真逆に、無情にも春の指はリズミカルに小咲の腋の下を這いまわり始めた。
小刻みに動かされる指先から送り込まれてくる何とも言えない感触に小咲は身を悶えさせながら笑い転げる。
「きゃぁっ!? いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ちょ、やめっ!! ふひゃっはははははははははははははっ!!」
「ここかぁ~? ここがええのんかぁ~?」
春はお決まりと言う様なセリフを吐きながら少しずつ刺激するポイントをズラしていく。
どこにくるかも予測できない刺激に引っ掻きまわされ小咲は身体中を震わせる。
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ちょっとまってぇーっ!! たぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはっはっはぁーい!!」
素肌を直接刺激される感覚から何とか逃げ出そうと小咲は春を振りほどこうとするが狭い湯船の中、春に完全密着されている小咲にその術はなかった。
くすぐられていて力を入れる事が出来ないのも要因の一つだろう。
「そんなジタバタしたら危ないよ~?」
そう言いながらも一向に手を弱めようとはしない春の攻撃に小咲は笑うしかない。
「だ、だぁっひぇひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やぁははははははははぁーっひひゃははははっ!!」
「お姉ちゃんがハッキリしないのが悪いんだよぉ~♪」
「ふみゃははははっ!! そ、それわぁっはっはっはっはっはっはっはっはーそーだけどぉっ!! いひゃははははははははははははははーっ!!」
小咲が笑い悶えている姿を見ながらも春のS魂は更に加熱を始めていた。
「あっ!? それともぉ~」
「ふひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? お、おにゃかはだみゃぁっ!?」
春は腋の下から小咲の脇腹へと指を移動させた。
「こちょこちょして欲しかったから答えなかったのかなぁ~?」
「ち、ちがっ」
「それならお姉ちゃんのこといっぱいこちょこちょしてあげなきゃねっ♪」
「ちょっとまっひゃぁっぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だめぇーっひゃははははっ!!」
不規則な動きで小咲の腹部を這いまわる春の指先から送り込まれる鋭い刺激は小咲の感覚を恐ろしい勢いで壊し始めた。
「あれぇ? お腹の方が弱いのかなぁ?」
「にゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったぁーっはっはっはいぃ!! や、やみゃははははははっ!! くすぐったいよーっひゃはははははっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「で、どうなのかなぁ? お腹の方が弱いのかなぁ♪」
ニヤニヤとしながら春は小咲の反応を楽しみながら追い詰めていく。
YesかNoか。
幅狭い選択肢を与え小咲をオドオドさせては際どいところに指先を這わせていく。
この春のテクニックに小咲は翻弄されていた。
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁっ!! い、いえないよーっはっはっはっはっは!! くすぐったぁっはっはっはっはっはっはぃ!! うひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「えーじゃあもっと強くしちゃうよぉー?」
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だ、だみぇっへっへっへっへっへっへっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やだぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
笑い悶える小咲の姿を見ればお腹が弱点であることくらいは春にだってわかった。
顔を真っ赤にし、涙を流しながら湯船で暴れまわる小咲の姿からはそれが簡単に良くわかる。
それでも敢えて小咲自身の口から弱点をさらけ出させようとするのは春の弄りなのか。
「じゃあ最後だからね? お姉ちゃんはお腹の方が弱いのかなぁ?」
これ以上激しくくすぐられてしまっては耐えきれない。
そう感じた小咲は弱点を春にバラしてしまった。
「ひゃははははははははははっ!! 弱いぃっ!! お腹ダメぇーひゃははははははっ!! だからやみゃはははははははっ!! にゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
これで助かる。
そう思った小咲の狙いとは逆に春は突然くすぐる手を強めた。
しかも小咲の腹部でだ。
突然の強い刺激に小咲は身体を大きく撓らせた。
「わきゃんっ!? やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! な、なんでひゃはっはっ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁー!! 言ったよぉっはっはっはっはっはっは!! 言ったのにぃっひゃはははははははははーっ!!」
弱点を認めたはずなのに、春の攻めが強くなっていることに小咲は意味がわからないといった声を上げた。
「ダメだよお姉ちゃん? そんなに簡単に弱点バラしちゃ? それじゃあこちょこちょして下さいって言ってるようなものだよぉ♪」
「にゃぁっひゃははははははははははっ!! は、春のいじわるぅひゃははははははははは!! あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「お姉ちゃんが可愛いのが悪いの♪」
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!! くすぐったいかりゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーやみゃはははあははははははっ!! くひゃはははははははははっ!! ふにゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーひゃはははははははっ!!」
容赦ない春のくすぐり責めに小咲の限界もだんだんと近づいてくる。
「ひぃひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁー!! お、おにゃかがぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! お腹痛いぃっきゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーうひゃはははっ、やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
小咲の限界が近いことに気付いた春はさすがにかわいそうと思ったのか小咲を解放した。
「じゃぁそろそろ勘弁してあげよう」
春から解放されると小咲はお腹を抱えながら呼吸を整えた。
「はぁ……はぁ、も、もう春ぅー!!」
「ごめんごめんっ。なんか楽しくなっちゃって♪」
「仕方ないなぁ……じゃあっ」
小咲はそう言うと突然春を抱きしめた。
「ひゃっ!? お、お姉ちゃん?」
突然の事に春は顔を真っ赤にしながら驚いた。
だが、次の瞬間春の身体に鋭い刺激が走った。
「春にもやってあげるね♪」
小咲は満面の笑みで春に微笑みかけるとそのまま春の身体中をまさぐり始めた。
「ひゃぁっ!? ちょっとまっ……にゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? やぁっ、だみゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! そこやだぁっ!! くすぐっきゃぁーーっ!!」
この日、小野寺家の浴室ではもうしばらく笑い声が響き渡っていたらしい。


【あとがき】
みなさん……大変ご無沙汰ですm(__)m
やぁー、これでも更新しようと頑張っていたんですよ?
うん。。。リアルがね、忙しいのよ
多忙期なのよね。。。本当にごめんなさい><
さてさて、今回はニセコイから寺ちゃんですウム
小咲さんと春さんのシチュをご提供いただいたのでノリで書き続けました。。。
で、疲れました(笑)
今回も少なめにまとめちゃいましたがご容赦ください
では~ノシ
スポンサーサイト
[PR]


  1. 2014/10/25(土) 23:35:16|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX