FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


『お嬢様のプライドは時に復讐をも呼ぶ』


『お嬢様のプライドは時に復讐をも呼ぶ』

『ハヤテのごとく!』 ―マリア 編―



「マリアさんの……弱点っ!?」
「あぁ……そうだとも。あのマリアの弱点だ」
ある日の午後、マリアが買い物へと出かけているこの時、ナギとハヤテはこそこそと何かを話していた。
「でもお嬢様。なんでいきなりそんなことを……?」
執事のハヤテは、ふと疑問に思った事を主人であるナギに問うてみた。
するとナギはよくぞ聞いてくれたとばかりに腕を組むと、鬼のような形相を浮かべる。
「実は……私の大切にしていた『超高速ハイパー戦士 シュトコウジャー』のブルーレイBOX幻の初回限定版特典 歩くシュトコウレッド プレミアムフィギュアをマリアは掃除中に木っ端微塵に粉砕してしまったのだ!!」
長々と語り続けるナギの呪文のような話に半ばついていけず、ハヤテは呆然としながらも趣旨だけを聞きとった。
「つまり、お嬢様の大切にされていた私物をマリアさんが掃除中に誤って壊してしまったと……」
「まぁ、そういうことだな。そこで私はマリアに復讐を果たすべく、マリアの弱点を探り反省させようとだな」
「マリアさんはお嬢様にその件について謝られたんですか?」
ハヤテの質問にナギは「はぁ」と深いため息をつくと再び口を開く。
「謝罪は受けたぞ。その事については許しているのだ。私が許せないのは……」
「ゆ、許せないのは……?」
2人の間に微妙な……いや、ナギの周りに威圧的なオーラと重苦しい空気が渦巻き、ハヤテは圧倒された。
このピリピリとした空気の中ナギは重い口を開いた。
「マリアの奴、『超高速ハイパー戦士 シュトコウジャー』のブルーレイBOX幻の初回限定版特典 歩くシュトコウレッド プレミアムフィギュアをただのガラクタと言ったんだぞーっ!!」
「……はい?」
「全くっなんなのだっなんなのだっ!! マリアの奴めっ!! 私の宝物はガラクタかっ!? いや、それ以前に『超高速ハイパー戦士 シュトコウジャー』は特撮の神作品だぞっ!? 故にそのグッズも良作が多く、マニアでは高値で取引もされている……。もちろんそのグッズの流通量が少ないということも原因の一旦ではあるが――」
「……」
「流通量の少なさという点よりも、むしろ貴重とされているのはクオリティーの方であると私はだなっ――」
延々と続くナギの『超高速ハイパー戦士 シュトコウジャー』のブルーレイBOX幻の初回限定版特典 歩くシュトコウレッド プレミアムフィギュアへの……いや、『超高速ハイパー戦士 シュトコウジャー』グッズへの持論を聞かされたハヤテは少しぐったりとしながらも、きちんと話を聞き終えた。
「つまりは私のプライドの問題なのだっ!!」
「……それで復讐なんですか?」
「そうだ」
「でも……お嬢様?」
「なんだ?ハヤテ」
「マリアさんに復讐なんてしたら後でどんな目にあうか……というか、マリアさんに弱点とかないと思いますけど……」
ハヤテの率直な考えを聞いたナギは高らかに笑って見せた。
「はっはっはっはっはっは!! 甘いっ!! 甘いぞハヤテっ!!」
「っ!?」
「あの完璧超人のヒナギクにだって弱点はあるのだっ!! マリアに弱点があったとしても何ら不思議ではないっ!!」
「とは言いましても……あっ!!」
少し考え込んだハヤテは何かを思いついたように手を叩いた。
「どうしたのだハヤテっ!!」
「もしかしたら……」
さてさてこの2人……どんなことを思いついたのやら。
答えはこの日の夜にあっさりと出ました。
そしてあっという間に夕食後。
ナギは、ハヤテとマリアが共に夕食の後片付けを終えると、早速作戦に取り掛かった。
「ま、マリアっ」
「どうしたんですかナギ?」
「え、えと……こ、コーヒーでも淹れてやろうか?」
「……気持ちだけ頂いておこうかしら?」
マリアは思った。
家事全般が壊滅的、一人でお留守番もできないこの子の私への思いは正直うれしい。
だが、この子がコーヒー1杯淹れるのにどれほどの被害が出るか正直計り知れない。
「いいからいいからっ、私にまかせておけ」
有無を言わさないかのように、ナギはマリアの言葉を無視してキッチンへと踏み込んだ。
「あ、お嬢様。僕も手伝いますよ」
そんなナギの後ろをフォローするかのようにハヤテも続いた。
まぁ、ハヤテくんが一緒なら大丈夫でしょう。
そう思うと、マリアはホッと安堵のため息をついた。
一方、キッチンでは――。
「助かったぞハヤテっ。これで作戦は成功間違いなしだ!!」
そう言ってガッツポーズを見せるナギの横でハヤテは不安そうにため息をついた。
「協力するのはここまでですよ? マリアさんに知れたら僕までお仕置きされちゃいますから」
「わかってるぞハヤテっ」
そう言うとナギはマリアの分のコーヒーに睡眠薬を投入した。
それを見ながらハヤテは呆れたように笑いながら、マリアさんにお仕置きされるってある意味ご褒美なのでは!? などとどうしようもないことを考えていた。
「出来たぞマリアっ!! さぁ飲めっ飲むのだっ!!」
「あ、ありがとうございますナギ」
メイドとして、いや元々家庭教師のときから面倒を見ているナギが自分のためにコーヒーを淹れてくれるなんて……。
何度も言うようだけれどやはり嬉しい。
そんな感動を胸に抱きながらマリアはコーヒーを一口、口に含んだ。
コーヒーの独特の風味と香りが身体中に駆け巡り、鼻から抜ける。
そして、コーヒーカップを受け皿に添えると、そのままゆっくりと眠りに落ちた。
「あ……あれ……急に……」
力が抜けたようにだらんとしたマリアを見つめながらナギはまたもガッツポーズを決めた。
「ふっふっふっ、成功なのだっ!!」
ナギは小さい身体でマリアを寝室まで運ぼうとしたのだが、ナギの力では不可能だった。
ハヤテには協力を断られ、タマにも声をかけて見たが泣きわめいて逃げ出してしまった。
もちろん、ハヤテにせよタマにせよ、マリアの恐ろしさを解ってのことだが……。
ナギは仕方なく、出来る限りのことをする事に作戦を変更した。
マリアの座っている椅子を利用することにしたのだ。
マリアの両足をそれぞれ椅子の脚に手錠でつなぎ、両手は手錠で拘束し、上半身は椅子の背もたれにロープでくくりつける。
そして椅子ごとマリアを床に倒した。
暫くするとマリアはそっと目を覚ました。
「あ、あら……私は一体……」
眠い眼を擦ろうとするが手が動かない。
起き上がろうするが身体に上手く力が入らない。
マリアは自身の身体に違和感を感じ、ふと手足を見て見る。
両手には手錠がはめられ、手首同士がひとくくりに繋がれている。
両足は椅子の脚に括りつけられ動かせない。
更には腹部にはロープが巻かれ椅子の背もたれに括りつけられている。
これでは腹筋の要領で起き上がることすらできない。
そして目の前には……。
「ふっふっふ……起きたかマリア」
「な、ナギ? これは……一体……」
訳のわからないマリアは不思議そうにナギを見た。
「解らないかマリア……これはな実はかくかくしかじかなのだっ!!」
「っ!? そ、そう言うことだったのね……」
「そう言うことだマリアっ!! 小説は便利だろっ?」
「確かに便利ですけど……復讐って」
マリアは少し困ったようにつぶやいた。
普段ならばナギを叱るのが当り前ではあるが……。
今回の原因は自分にある。
そう感じたマリアは大人しくナギの気の済むまで付き合おうと決心した。
「復讐とはつまり……こういうことなのだっ!!」
ナギはしゃがむと、マリアの足の裏を人差し指でなぞり始めた。
突然の刺激にマリアはビクンと身体を震わせると、息を荒くした。
「ふぁっ!? ちょっ、きゃっはっ!? そ、それはぁ~っいひゃぁっ!!」
くすぐったそうにモジモジするマリアを見てナギは確信した。
ハヤテの言うとおりだ。
マリアは間違いなく、くすぐりに弱い。
そう確信したナギはニヤニヤしながらマリアの顔を覗き込んだ。
「どうだマリアぁ~くすぐったいかぁ~?」ニヤニヤ
「な、ナギぃ~そ、それはダメですってぇ!!」
マリアは本当に苦手なのか、ナギの責めがこれ以上強くならない様に必死で説得を試みた。
「はっはっは!! 問答無用だぁーっ!!」
ナギはマリアの言葉になど耳も傾けず、合計10本の指をフルに使ってマリアの足の裏をくすぐり始めた。
「きゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁー!! くすぐったっはぁっはっはっはぁいぃっひっひっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
マリアは手加減なしのナギの攻撃にひたすら笑い悶える。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ちょっと待ってぇーっへっへっへ!! やぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
足の裏で踊るナギの指先から送られてくる鋭い刺激は、想像以上のくすぐったさをマリアに供給してくる。
マリアはそのくすぐったさに抵抗することなどできずにひたすら笑わされ続ける。
「いやっはっはっはっはっはっはっはっは!! なぁぎぃっひゃははははははははっ!! やめてぇっへっへっへっへっへっへっへーっ!! くすぐったいっ!! くすぐったいってぇっひゃははははははははははははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「そりゃあ手加減なしでくすぐってるからなぁ? そーれ、こちょこちょこちょこちょぉ~っ♪」
「ふみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もうだみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーっ!! ナギぃお願いっ!! やぁーめぇーてぇーっへっへっへっへっへっへっへ!!」
普段からは考えられないような甘ったるい声がマリアから吹き出した。
どうしようもないくすぐったさから逃げ出したい。
出来ることならば今すぐにでも足をひっこめたい。
そう思っても拘束されたこの状態から自ら逃れることは出来ない。
何とかナギを納得させない限り、このくすぐり攻撃は終わらない。
マリアはそう考え、一心不乱にナギに懇願した。
「誰が止めるかぁーっ!! 私が許してもシュトコウジャーがマリアを許さないんだぞっ!!」
「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! ご、ごめんにゃさぁっはっはっはっはっはっはっはいぃ!! 許してぇっへっへっへっへっへ!! やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
次第にマリアの目には涙が浮かんできた。
呼吸もし難くなってきたのか、息が荒い。
「そんなにくすぐったいのかマリアぁ~?」
「くすぐったいぃ!! くすぐったいからぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! も、もうやめへぇっへっへっへっへっへっへっへっへ!! やみぇてぇっひゃはははははははははははははははっ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
「こんなに必死なマリア、初めて見たな……」
「だ、でゃっへぇっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! 足の裏おかしくなっちゃぁうぅっひゃはははははははっ、みゃっはっはっはっはっはっはっは!!」
ナギはマリアをくすぐりながらふと思った。
くすぐられ続けて可笑しくなるというのはどういう意味なのだろうと。
なんとなく気になったナギはこのままマリアをくすぐり続けて見ることにした。
「せっかくだマリア。このまま擽り続けてやる♪」
「やぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だ、だみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁっ!! 絶対だめぇっひゃっはっは!! いやぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「ダメじゃないぞ? こちょこちょこちょ~っ♪」
「こちょこちょらみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! にゃぁーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いにゃぁぁあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」
マリアは普段、くすぐられ慣れていないせいか、すでに頭がぼーっとしだし、顔は真っ赤に染まっていた。
そんなマリアの姿を見て、ナギはあることを思いついた。
「そうだっ!! あれを使ってみよう!!」
ナギはマリアの足から指を離すと、そのまま部屋を飛び出した。
そして数分後、ナギはヘアブラシを手にマリアの元へと戻ってきた。
「次はこれでくすぐってみるぞっ♪」
「はぁ、はぁ、そ、それってっ!?」
「ヘアブラシなのだ」
「そ、そんなので擦ったらぁ……」
想像しただけでマリアは笑い悶えた。
先程まで足を伝っていたその刺激が蘇った。
「ひぃっ、ひゃははっ……やぁ、だぁ」
「悪く思うなよマリアぁ~」
ナギはそう言うと躊躇なく、マリアの足の裏にヘアブラシをあてた。
そして上下に動かして擦っていく。
ブラシの先の細かい刺激がマリアの中でくすぐったさへと変換されていく。
「いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! だみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! そ、それはやみゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーくすぐったぁぁっっはっはっはいぃ!! きゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
想像以上のくすぐったさからマリアは笑い転げた。
足裏を伝う異常なまでのくすぐったさが繊細なマリアの感覚を壊していく。
くすぐったさしか感じない。
その地獄のような感覚にマリアは軽く絶望すら感じた。
「ひにゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁー!! 壊れちゃうぅっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! お、おにゃがいぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!! ゆるひへなぎぃーっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! も、もうらめらってぇっへっへっへっへっへっへっへ!!」
呂律が回らないほどに悶えたマリアは普段からは考えられないような顔でくすぐったさに溺れている。
「まだまだ先は長いぞマリア♪」
「ひぃっひゃっはっはっはっはっはっはっはっはぁーっ!! た、たしゅけっへっへっぇぇ!! おにゃっがっはっはっはっはっはっぁい!!」
「だぁーめっ♪」
復讐心が好奇心に変わったナギの責めはマリアが気絶するまで続けられた。


【あとがき】
さて、久しぶりの投稿はハヤテのごとくの短編です。
一つはナギの朝、もう一つはマリアさんへの復讐劇と……。
どちらにせよ、受け攻めが反転しただけの作品ですが(笑)
実は私、ハヤテのごとくはまだ33巻までしか読んでません↓
てか数年間、単行本買ってないです><
これ書いてて読みたくなったわ~っ
あ、そのうちヒナギクさんでも書こうかな?
まぁ、すでに他の方が書かれているのでやめとこかな(笑)
絶賛考え中なことをお知らせしてあとがきを〆ます。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/10/10(金) 23:40:08|
  2. 二次創作小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX