FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


不良たちの調教教室5

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

県内有数のお嬢様学校である白水学園・・・。
そこが俺たちの新たな狩場となった。
しかし、この学園を狩場とするときには多少厄介なこともある。
それはお嬢様学校であるだけに、警備が厳重であることだ。
故に無理やり拉致することは簡単ではなくなったのだ。
警備面では確かに厄介のだが、人間的面を見てみるとこれほど単純な学校はない。
何せ、通っている学生はみなお嬢様ばかり・・・。
世間知らずもいいところだ。
今までとは違い、話しかけられさえすれば簡単に事は進む。
拉致さえできれば良い。
ニュース等で大々的に報道されてしまうと思うが、しばらく経てば次期に風化するだろう。
後は車を止めておく場所だな・・・。
この学園の裏にある森の近くにでもとめておくか。
この作戦は最初が肝心だ。
やはりここで使えそうなのは静希・・・だな。

††

「おい静希、お前の初仕事が決まった」
俺はアジトに戻ると静希に本件の趣旨を伝える。
「わかりました。お任せください・・・それと・・・」
静希は了承すると軽く口ごもる。
「あぁ、わかっているさ。成功した暁には褒美として好きなだけくすぐってやるよ」
「ありがとうございますっ」
ネットで見つけた研究者の調教法は結構な効き目みたいだな。

††

翌朝、俺と静希は白水学園へと向かった。
今回は白水の制服を事前に用意しそれを静希に着せる。
静希の仕事は顔偏差値の高い少女の写真をカメラで撮影してくること。
その写真を見て選別した生徒の身元を割り当て拉致する。
そういう段取りだ。
まずは初日、小手調べからだ。
俺は静希の制服に仕込んでおいた盗聴器から状況を把握する。
『おはようございます』
『はい、ごきげんよう』
盗聴器の先からは学園内の声が聞こえてくる。
しばらく経つと静希から撮影完了の合図が出たので俺は車のエンジンをかける。
すると静希が学園からうまく抜け出してきた。
俺は静希を車に乗せるとアジトへと引き返した。

††

「よし、じゃあ作戦を開始する。しくじるなよ」
『はい』
翌日、標的を絞った俺は静希と共に再び白水学園へと足を運んでいた。
俺が標的に選んだのは高校3年生の少女、碓井麻姫だ。
毎年白水学園で行われるお嬢様の中のお嬢様を決める白水グランプリで二連覇を果たした生徒だ。
家系はこのあたりの土地の地主らしい。
趣味で読者モデルをやっているらしいが・・・。
世間知らずではなさそうだな。
それにも関らず彼女を選んだわけは簡単だ。
容姿・・・ただそれだけだ。
彼女の美しさはこのあたり一帯にも噂されているらしく、連日、近辺の学校の生徒が彼女目当てにこの学園付近に現れるらしい。
つまり、直接拉致することは難しい。
ここまでの悪条件ではあるが、危険を冒してでも手に入れる価値はある。
『あ、あの・・・碓井先輩、お時間よろしいでしょうか?』
早速静希から仕掛ける。
『あら、あなたは・・・』
『私は・・・さ、昨日転校してまいりました、香坂静希と申します』
静希はそう言って上手く誤魔化した。
『そうでしたか。こちらこそよろしくお願いいたしますわ』
さすがはお嬢様学校・・・。
話し方もそれっぽいな。
『私、一度先輩とお話ししてみたかったんです。今日はお暇ですか?』
『えぇ。でしたら、他の方もお誘いしてお茶会でも開きましょうか?』
『い、いえ、私は・・・碓井先輩と・・・その、個人的にお話ししたいのです』
元々、物静かな静希なのだが調教後はたくさん笑ったせいか性格も少しずつ変わっているようだ。
『わかりましたわ。それでは私の家にいらっしゃいます?』
『え、えぇ。ありがとうございます』
『それでは家の者に車を用意させますわ』
『いいえっ!!せっかくなので歩いてまいりましょう』
『そうですか?そうおっしゃるのであればそう致しましょうか』
よし、第一段階は成功だ。
だが、なかなか手ごわかったな・・・。
俺は車の中から校門に目を向ける。
すると学園の中から静希と麻姫が出てきた。
『先輩のお宅はこちらなんですか?』
『えぇ、ここからですと・・・歩いて十分ほどです』
そんな会話を交わしながら二人は歩いていく。
すると二人の前のほうから男子学生の山が迫ってくる。
大方、麻姫狙いの輩だろう。
俺は邪魔ものから二人を引き裂くため、車を二人の横へ移動させた。
「静希様、お迎えにあがりました」
そう言って俺は静希の使用人を装う。
「あら、ちょうどよかったわ。先輩、どうぞお乗りください」
「歩いていくのではなかったの?」
麻姫はそう言って不思議そうに静希を見つめる。
「い、いえっ、その・・・前から人がたくさん来ますし・・・」
「・・・そうですわね。ではお言葉に甘えさせていただきますわ」
「ではどうぞ」
静希はそう言って後部座席のドアを開ける。
すると麻姫はお礼を言いながら丁寧に車に乗り込む。
それに続いて静希も車に乗り込む。
「あの、先輩。どうでしょう・・・今日はうちにいらっしゃいませんか?」
静希はこのチャンスをものにしようと仕掛けた。
「えぇ、構いませんわ。お邪魔いたします」
よしっ、第二段階も成功だな。
俺は心の中で成功を確信しハンドルを動かす。

‡‡

俺はアジトの前に着くと車を止める。
俺は車から降りると後部座席のドアを開ける。
「到着致しました」
そう言って慣れない使用人の真似をしながら計画の最終段階を踏み始める。
「これは・・・別室か何かでしょうか?」
小さくて悪かったな。
麻姫の言葉にそう思いながらも俺は二人を誘導する。
アジトの中に入れてしまえばもうこっちのもんだ。
「さぁ、どうぞお入りください」
俺はアジトの扉を開き、二人が入ったのを確認すると使用人のまねごとを止める。
「ようこそ、碓井麻姫さん」
俺は麻姫を後ろから抱えると奥の部屋、通称調教室に連れ込んだ。
「な、何をなさるんですかっ」
麻姫は驚いた様子で俺に問う。
俺は麻姫を降ろすと近くにあるベッドに付いている拘束具に麻姫を括り付け拘束した。
そしてにこやかに笑うと交渉を始める。
「安心してくれ、君がおとなしく言う事を聞いてくれるなら危害は加えない」
「・・・身代金目的ですか?」
「いいや、目的は君だ麻姫」
「・・・私?」
「あぁ、君ほどの容姿なら俺の欲求を解消するのにちょうどいい個体だ」
「・・・」
「というわけで相談なんだが・・・俺の奴隷にならないか?」
「奴隷?冗談でしょう?私はそのようなものになるつもりは一切ございません」
「まぁ、そう答えるのが普通だな。じゃあ心変わりしてもらおうか」
俺は麻姫に近づくと早速調教を始める。
まずは軽く足の裏をくすぐる。
「ひゃんっ!?な、何を・・・っあははははっ、あはははははははははっ、あっははははははははははははははは~っ!!」
麻姫は足に来た突然の刺激に身を捩ると笑い出した。
「さて、奴隷になるとそう言うまではくすぐらせてもらうよ?」
俺は次第に手を強めていく。
「きゃっ!!あ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!や、止めてください~っ!!ひゃはははははっ、あははははははははははは~!!」
麻姫は必死で逃れようとするが拘束されているため動く事も出来ずにひたすら悶える。
「足・・・苦手なんだな」
「ひゃははははははははははははははっ!!に、苦手なんですぅ~、きゃっはっはは!!もうダメですぅ~っひっひっひ」
「じゃあもう一度聞こうか。俺の奴隷になるつもりは?」
「あっはっはっはっはっは!!きゃははははははっ、そ、それでもダメですっ!!」
「あっそ。じゃあ次行こうか」
俺は足の裏から手を離して脇腹へと移動させ突っ突き始める。
「ひゃはっ!?いっひっ、や、やめてぇ~、あっははっ!!ひゃはっはっはっは!!」
突っ突くたびに麻姫の身体は跳ねるように反応する。
俺はそれを横目で楽しみながらも突っ突くのを止め、本格的に揉み始めた。
「きゃひっ!!いやぁ~っはっはっはっはっはっはっはっは!!あははっ、ひゃはははははははははははははははは~っ」
「早めに降参しておいたほうが身のためだが?」
「ははっ、きゃはははははははははははは~ぁ、し、しませんっ!!くひゃははははははははははははははははっ!!」
麻姫は脇腹をくすぐっても一向に降参しない。
これは意外と手ごわいかもな。
そう思いながらも俺は内心くすぐることを楽しんでいた。
「これが最後のチャンスだと思うことだな。お前の意思を聞くのは次が最後だ」
そういうと俺は麻姫の腋の下に手を忍び込ませ容赦なくくすぐった。
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!?本当にぃ、そこはダメぇ~っへっへっへっへっへっへっへ!!」
麻姫は今までにないほど大きく暴れる。
「どうした?とてもお嬢様とは思えない笑い方だな」
「きゃはははははっ!!だ、だってぇ~っ、あ~っはっはっはっはっはっはっはっ!!くすぐったいですぅ~!!きゃははははははははっ」
「さて、ではラストチャンスだ。俺の奴隷になるか?ならないか?」
「きゃはははははははっ、な、ならないって、ひゃはははっ、言ったら?」
「その時はその時だ。さぁ、どうする?」
「あっはっはっはっはっはっはっはっは!!な、なりませんっ!!」
麻姫は少々悩みながらも最後のチャンスを自ら捨てた。
こうなってしまったのなら仕方がない。
俺は静希に使った例の薬を麻姫に無理やり飲ませた。
「んっ!!・・・い、今のは・・・?」
「気にするな。ちょっとばかり大変なことになるがな」
俺はそういうと麻姫の脇腹をくすぐらずに撫でまわす。
「きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっは!?な、なんで!?なんでこんなにっひっひっひっひっひ!!」
麻姫はただ触られているだけなのに異常に感じるくすぐったさに疑問を抱く。
「さぁ?なんでだろうな」
「ひゃはははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!も、もしかして、きゃはははっ、さっきの!?」
「悪いがここから先は楽しく談笑するわけにはいかない。お前を気絶させるまではなぁ」
「えっへっへっへっへっへっへっへ!!そ、それってぇ」
俺は脇腹を触るのをやめ再び腋の下に手を潜り込ませると出来る限りで思いっきりくすぐった。
「やぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!や、やめてっ!!死んじゃうぅ~!!ひゃははははははははははははははははははははははははははははっ!!くすぐったぁい!!やだぁ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは~っ!!やめへぇっ!!にゃはははははははははっ、あははははっ、あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
麻姫は倍のくすぐったさに悶え苦しむ。
俺は手を緩めるどころか逆に力を入れて麻姫を追い込む。
「やははははははははははははははははははははっ!!らめぇ、やめへっへっへっへ!!きゃ~っはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!助けてぇ~!!あひゃっひゃっひゃっひゃっはっはっはっはっはっはっは!!たすへっ、いひひひっ!!いやぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!だ、だれかぁ~きゃははははははははははははははははっ!!あははっ、いひっ!?あははははっ・・・あはははは・・・は・・・」
しばらくくすぐり続けると麻姫はついに気絶した。
さて、これで上手く調教できているといいのだが・・・。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【あとがき】
さて、新たな被害者……じゃなくて、登場人物のお出ましです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

  1. 2014/02/08(土) 06:41:58|
  2. オリジナル小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

  管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX