FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『日向と日蔭』 第1章 ―陽だまりの果実―

「スクールアイドル」、この言葉に若い世代は憧れの眼差しを向ける。
今や学園の経営やその印象は全てスクールアイドルを軸とした戦略にシフトしつつある。
しかし、その存在は「憧れ」の対象であると同時に、「嫉妬」の対象でもあることを彼女たちはまだ知る由もなかった。
そしてそれは、国立音ノ木坂学院にも当てはまることだった。




『日向と日蔭』 第1章 ―陽だまりの果実―

『ラブライブ!』 ―高坂 穂乃果 編―




彼女たちは、いつからだろうか教室の隅にいるような存在になっていた。
つい数週間前までは常に教室で百獣の王のように、いや、女王のようにクラスを取り仕切っていた。
3人グループの彼女たちは、クラス内での発言権も強く、彼女たちは常に注目の的だった。
そしてそれは、2年生の今だけではなくこの先3年生に進級した後も続くものだと誰もが信じて疑わなかった。
だが……。
それは音ノ木坂学院の廃校騒ぎと「スクールアイドル μ's」の結成。
この2つの出来事をきっかけに脆くも崩れ去ったのだ。
いつの間にか、自分たちが築き上げていた地位は「スクールアイドル」に奪われ、彼女たちは一転日陰へと堕ちた。
そのようなことを、プライドの高い彼女たちが許容できるわけもなく、ついに事件は起きてしまった。

「アイツら、最近調子乗ってない?」

「あ、村野もそう思う? うちもそう思ってんだよねー」

「っつーかさぁ、何? スクールアイドルって偉いの? 麗香マジ納得できないんですけどー」

教室の隅に居る彼女たちは名を、村野 理沙(むらの りさ)、井倉 美樹(いくら みき)、黒田 麗香(くろだ れいか)と言う。
彼女たちは思い思いに不満をぶちまけると、ふと思いついたかのように呼吸を合わせた。

「「「アイツらしめる?」」」

その日の放課後、彼女たちはμ'sのメンバーを順番に襲うことを計画した。
彼女たちがまずターゲットにしたのは同じクラスの高坂 穂乃果だった。
穂乃花はグループの精神的支柱だ。
その穂乃花をまずは狙うことにしたのである。
作戦は至って単純な物だ。
まずはターゲットの誘導である。
とは言え、穂乃果を直接誘導するのにはリスクが伴う。
なぜならば、彼女の周りには常に同じアイドルグループの2人がいることが多いのだ。
穂乃果を誘導するにあたり、その2人が目撃者となってしまうことは避けたかった。
いずれこの2人もターゲットとするわけだが、穂乃果を含めて3人をいきなりターゲットにするのは危険である。
そこで、村野が考えた作戦はこうだ。

「ねぇ、高坂さん。さっき廊下で下級生の子が高坂さんの事を探してたよ? 何でも高坂さんに!相談したことがあるんだって」

「え、私に?」

「うん。名前までは聞かなかったんだけど、出来れば図書室の横の空き教室に来てほしいって」

「うん、わかった。ありがとー村野さん」

村野が適当な話を穂乃果に伝え、まずは穂乃果を空き教室へと誘導する。
ここでミソなのは「高坂さんに!」という対象の限定だ。
このように語れば用事があるのは穂乃果に限定され、他の人物はついて行きにくくなる。
当然、村野がこの話を穂乃果に伝えた際に、穂乃果の周りにはいつもの2人がいた。
その2人がいる前でわざと「図書室の横の空き教室」というワードを出すことで、穂乃果の友人らが何か不信感を抱いた際に真っ先にこの空き教室へと向かうだろう。
だが、この空き教室はフェイクだ。
実際に彼女たちが作戦を実行しようとしている場所は、体育館倉庫の横にある小部屋だった。
この小部屋は普段使われておらず、何のために存在しているのかも認知されていないような部屋である。
村野たちが以前、体育館倉庫の清掃を行っている際に偶然発見し、それ以降はそこをたまり場にしている。
体育館内からもこの小部屋には入ることが可能だが、実は外からも侵入が可能なのだ。
そして内外の入口ともに施錠ができる。
彼女たちにとってとても都合のよい物件だった。
後は帰ったフリでもしながら空き教室の中で穂乃果を待ち伏せ、行動に移すのみだ。


数十分後、彼女らの目論見通り、穂乃果は1人で空き教室へと現れた。
空き教室の扉を開け元気よく一歩目を踏み出した瞬間、穂乃果の視界はフェードアウトした。


――View.高坂 穂乃果――

私が眼を覚ました時、そこは見たことのない風景が広がっていた。
一面がただ真っ白な、何か、コンクリートのような壁だ。
あれ? 確か私は空き教室に――すっぽりと抜け落ちている記憶を手繰り寄せる。
だが、思い出せない。
そして私はまたあることに気が付いた。
制服を身に纏っているはずなのになぜか身体中がス―ス―した。
そして、妙に肌の露出が多い。
目線をスッと辿っていくと、着ていたはずの制服が視界に映らない。
映っているのは素肌を露わにしている私の身体と手首と足首に括りつけられた黒い何か、輪っかのようなものだった。
その輪からは鎖のようなものが伸びていて少し動かしただけでジャラジャラと音を立てている。
そしてこの鎖と輪のせいで、私は手足を満足に動かせずに大の字で立たされていた。
どうやら、この鎖のおかげで眠っていた間も立ったままの姿勢を保てたようだ。

「なんで私、裸なんだろ? それに……ココ、どこなの……?」

私がソッと呟くと、それに気が付いたのか、私の背後から何か物音が聞こえてきた。

「やっと起きたみたいだね、高坂さん」

最初の物音や声もそうだが、私が一番驚いたのは自分の名前を呼ばれたことだった。
状況が全く呑み込めない私は少しばかり恐怖心を抱いた。

「だ、誰? 誰……ですかっ……!?」

私は勇気を振り絞り、後ろを振り返ろうとする。
だが、その瞬間に私の目の前は真っ黒になってしまった。
そして何か布のような感触が目を覆った。

「姿を見られちゃ困るから、アイマスクをつけさせてもらったよ(笑)」

そういうことか……。
私は視界を失った理由を理解すると、頼れる情報は感触と音のみとなってしまったことに更なる不安を感じた。

「あ、あのっ!! 私は……どうなるんでしょうか……?」

「さぁ……どうなるのかなぁ? せっかくだから少しだけヒントをあげる」

先ほどの声からして相手が女性であることは解った。
それも私と近い――

「ひゃぁあぁあんっ!?///」

それはいきなりだった。
誰かに腋の下を何か指のようなものでなぞられたのだ。
それがくすぐったくて私は声を挙げてしまった。

「どうやらくすぐったいのは苦手みたいだね? これはイジメ甲斐があるね」

「え、何で!? なんでくすぐって……ひゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!?」

私はいきなり腋の下をコチョコチョとくすぐられ、再び笑い声をあげた。
意味がわからない。
私はどうしてくすぐられているのだろうか。

「今、あんたどうして自分がこんな目に、って思ってるでしょ?」

くすぐったいのが止まると、私は先ほどのくすぐったさの余韻を腋の下に感じつつも呼吸を整える。

「あんたさぁー最近マジ調子乗ってんじゃん?」

あれ、この声……違う人だ……。

「え……? 別の人?」

「いいから答えろし!!」

怒声と共に再び私の腋の下にくすぐったさが走った。

「いひゃぁっ!? きゃはははははははははっ!! の、のってないですっ!! んぅっひゃっはっはっはっはっはっは!!」

「いやいや、うちらから見たら調子乗ってっから」

また別の声!?
私は視界を奪われたまま、何人いるかもわからない相手に更に恐怖心を覚えた。

「だからあんたらのグループを絞めてやろうってわけ」

「でも殴ったり蹴ったりするんじゃ跡が残って面倒だし……こうやってくすぐって虐めてあげるよww」

「ちょうどいいことにくすぐりは苦手みたいだからね」

「はぁ……はぁ、はぁ……わ、わかりました、もう、調子に乗りませんから!!」

恐怖心でいっぱいいっぱいの私は、とにかくこの状況から逃げ出したい。
そう思って必死に彼女たちの怒りを買わないようにと言葉を発した。

「うちらがそんなの信用するわけないじゃん(笑)」

「ってゆーかさぁー、いるだけでムカつくんだよね」

「そういうことなんで! じゃ、ゆっくりしていきなよ」

またくすぐられる――瞬時に危険を感じた私は逃げようと身体を捩る。
しかし、私の身体は拘束されていて動かすことができない。
そうだった……私の身体は。
お願い、助けて――そんな私の願いは叶うわけもなく、一瞬にして私の身体中にくすぐったさが駆け巡った。

「ま、待ってっ!? いやぁぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! くすぐったいぃーっひひひぃっきゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! やめて、やめっ!! ふひゃははははははははははは!!」

今まで感じたことのない強烈なくすぐったさに私は逃げることもできずに笑い悶えることしか出来ない。
腋の下に襲い来る、おそらく指のようなコチョコチョと動く刺激。

「いやぁははははははっ!! 腋やだぁぁっはっはっはっはっはっは!! くすぐらないでぇっ!! も、もういやぁははははははっ!!」

腋なんてくすぐったいに決まってる。
たまに、ことりちゃんたちにこちょこちょされることはあっても、腋を閉じられないでされるのは初めてだ。
ガードしたいのにできない、ただくすぐったさだけが私に伝わってくる。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! くすぐったいぃ!! きゃはははっ!! くすぐったいからぁっひひひっ!! だめぇっへへへいひひひっ!! やだぁあっははははははは!!」

次に、脇腹に襲い来るグニョグニョと揉みしだかれているような刺激。

「だめぇっへっへへへぃっひひっひっ!! お腹もだめぇっへへ!! きゃぁはははあはっはっはっは!! あはははっ!! やだやだっ!! んぁああひううふふひゃぁああっはっはっはっは!!」

脇腹を指でツンツンされるだけで飛び上がってしまう私にとって、この刺激は耐えがたいものだった。
何とも言えないくすぐったさが私の中で大きくなっていく。

「きゃははははははっ!! ふにゃぁぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! いひひひっ!! あはは、うひぃっひゃぁーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

そして太腿から膝にかけて優しくなぞられるような刺激。

「ふひゃぁぁぁあああっ!?/// あっひひひひぃ!! く、くすぐったぁいひひひひひぃ!! や、やだぁ!! んふふふふぅひひひひひぃ!!」

叫び出してしまうほどの刺激ではないものの、やはりくすぐったい事に変わりはない。
なぞられるたびに背筋がゾーっとし、そのままくすぐったさが伝わってくる。

「んぁぁあああ!! や、ひゃはははははっ!! にゃはははっ、きゃぁああっひひひひひぃーっ!!」

アイマスクで目の見えない私は、いつもよりもくすぐったさが増して感じる。
いつもよりも敏感になっているのだろう。

「まだ壊れるんじゃないよ? これはウォーミングアップだからねぇ(笑)」

こんなにくすぐったいのにウォーミングアップ!?

「なんで裸にしたかわかる? こうするためだし」

一度、くすぐりが止むと、何かクチュクチュといった音が聞こえてくる。
そして次の瞬間、私の身体にはぬるぬるとした感触と冷たさ、くすぐったさが伝わってきた。

「ひゃんっ!? 冷たっ、にゃははははははははっ!! ふっひゃぁはっはっはっはっはっはっはっはっは!! な、なにこれぇっへっへひーっひひひひひひぃーっ!!」

このぬるぬるとした感触が身体中に広がり、次第にすべすべとした感触に変わっていく。
それと共に、なぜかくすぐったさが増した気がする。

「何って、ローションですけどぉー。それが何か?(笑)」

「つーか、こっから先は ”アイドル辞めます ”って言うまでくすぐりマッサージだから」

「言わなきゃマジで壊しちゃうから」

彼女たちの言葉と共に、そのくすぐりは次第に本気で私を悶えさせるものへと変化しだした。

「ひゃははははは!? きゃぁぁぁぁああああーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? くすぐったいっ!! くすぐったすぎるぅふふふふひゃはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

私はあまりのくすぐったさに上手く呼吸ができなくなってしまう。

「どうだい? なかなか良いものでしょう?」

「よくにゃはははははははっ!! んうひひひぃひひひぃっ!! きゃはははははっ!! あっはっはっはっはっはっはっはーっ!! はぅっ!? んにゃははははは!! だめぇだめぇぇええっひひひひひひっきゃんっ!!」

身体中を舐めまわすかのようにぬるぬると動き回る指先のような刺激に私は終始翻弄される。
気が付けばまた別の場所に強烈なくすぐったさが広がり、気付けばまた別の場所に移動している。
休むことなく移動し続けるくすぐったさに私は限界を感じ始めた。

「も、もうだめにゃんれすぅひひひひひっ!! くしゅぐっらいのやらぁぁぁああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! らめぇーそこはやなところぅひひひひひひひひひっ!! やんっ、きゃっははははははははははははははーっ!!」

「せっかくだから高坂さんの弱点を重点的にくすぐってあげる(笑)」

「もうウチら、あんたの弱いとこ知ってっから」

「まずはここでしょ(笑)」

そんなあ声がした瞬間、私の腋の下にとてつもないくすぐったさが襲ってきた。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!? やめれぇー!! きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! だめだめっ!! もうむりぃひひひひいひっひひ!!」

私は我慢しきれずに身体を震わせて大笑いさせられてしまう。
まるで腋の下をハムスターが走り回っているかのような刺激だった。

「それと……ここのツボが良いんでしょ?(笑)」

腋の下へのくすぐったさに加えて、今度は私の脇腹の柔らかい部分に指のようなものが食い込み、グニョグニョと動きだした。

「うみゃぁぁぁああああーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? それらめぇぇええっへっへっへっへっへ!! くるしぃっ、うひゃぁはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!! むりぃっひっひゃっはっはっはっはっはっは!!」

「簡単じゃないか? もうアイドルを辞めますって言うだけで解放されるんだ」

「きゃぁっはっはっはっはっはっは!! そ、それもやだぁっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

私がみんなのために始めたアイドル活動だ。
それにみんなに迷惑をかけるわけにはいかない。
だからこそ私はその提案には乗れなかった。
……それから何分が過ぎただろうか。
私はお腹がちぎれる程に笑いながらも抵抗を続けている。

―View End―


なかなか自分たちの思い通りに「アイドルを辞めます」と言いださない穂乃果に3人は苛立ちを覚え始めていた。

「はぁ……強情だね、アンタ」

「じゃあ、趣向を変えようか2人はくすぐりを続けて。私は別の角度から責めてみるから」

そう井倉と黒田に指示すると、村野は穂乃果の前に立ち少しかがむような姿勢をとった。

「高坂さんさぁ、さっきから垂れ流してるコレ、何かなあ?」

村野はそう言うと穂乃果の素股に手を伸ばし、キラキラと流れ出るねっとりとしたモノを指でなぞった。

「ひゃぁぁぁああんっ!?///」

敏感な部分を急に触られた穂乃果は力ない声をあげた。

「アンタさ、くすぐられながら感じてたわけ?(笑)」

「高坂さんてー、ドMだったんだぁ……キモ」

「これはウチらが徹底的に制裁するしかなくない?」

「そんなにイきたいなら、くすぐりながら死ぬまでイかせてあげるよ」

村野は指先を穂乃果の陰部に当てるとそのまま指を擦り付けるように動かし始める。

「きゃっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひゃぁぁああああんっ!? んぁっ!! きゃははははっ!! ぅあぁっ!! あはっ、きゃぁああぁぁぁああんっ!?///」

穂乃果の口からは笑い声だけでなく喘ぎ声が混ざった声があふれ出し、部屋中にそんな穂乃果の声とクチュクチュといった音が響く。

「やぁ……ひゃぁうんっ!! や、やめぇ……きゃぁははははははっ!! くすぐったぁ、んぅっ!? いやぁはははははははぁぁあああんっ!?」

今までの蓄積があったからか、穂乃果は陰部を少し弄られただけで簡単に絶頂を迎えてしまった。

「はぁ……はぁ……はぁ……/// わ、わたしっ……んぅ!? ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! んぁああんっ!?/// ま、まっひぇ!? わ、私イったばかりでぇっきゃぁはっははははっ!! んぅひひひひゃぁああああんっ!!」

穂乃果が呼吸を整えていると、そんな暇さえ与えないように再びくすぐったさとイきかけの感覚が呼び起こされる。

「言ったよねー? アイドル辞めるって言うまでくすぐりながらイかせ続けるって」

その時、穂乃果は初めて理解した。
「アイドルを辞める」
そう言わない限り自身はこの刺激を味わい続けることになる。
その過酷さと危険さに恐怖心を覚えた。
このままでは死んでしまう。

「わ、わかったからぁ!! っぁああん!? んうぅひひひひゃぁあはっはっははっはっはっはっはっはははははぁぁああああっ!?///」

2度目の絶頂を迎えた時、穂乃果は遂に陥落した。


―To Be Continued―



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2017/05/14(日) 03:30:51|
  2. リクエスト小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 3

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。