FC2ブログ

AkrisRium-アクリスリウム-

多忙少し改善されてきたから頑張って更新していきます!!

 

akrisrium


 うぇるかむ!!うぇるかむ!!うえるかむ!!

 こちらはくすぐり小説掲載ブログ"アクリスリウム"です。

 ここでは主に、くすぐりを扱った自作小説を掲載しています。

 ここをご利用いただく前にいくつか注意事項を申し上げます。

 まずは他の方々が不快な気分をなさるような誹謗中傷などのコメント、更には広告の掲載などの投稿はご遠慮ください。

 また、作品の無断転載などもご遠慮ください。

 ここまでご覧いただきありがとうございます。

 以下、TOPページ以外は全てR18指定とさせていただきます。

2014/09/12 管理人akrisアクリス


今後の活動指針

①リクエストの消化&消化

②ブログの移転

③構想段階で止まっている作品の作成

④改名しない方向で←活動中にもケガ病気や多忙等あったので心機一転しようかなぁと思っていたのですが、割と皆さんに名前を憶えていただいているみたいですのでこのままAkrisとして活動していこうかなと思います


作品を読む
↓をクリックして作品一覧に移動します。
オリジナル小説書庫
版権創作小説書庫
リクエスト小説書庫

リクエストについて
2017/3/18を持ってYahoo版アクリスリウムから累計し、開設6年目を迎えました。
ということでリクエスト受けをしておりましたが現在停止中
<リクエスト>←クリックでリクエスト専用ページに移動します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『さいはて村』 第3章:幼馴染

『さいはて村』 

コラボ作品
原案 kふぇち/著 Akris


第3章 幼馴染


2人が進んだ先には、やはりまた牢屋のような一室の空間が広がっていた。
見つからないように再び物陰に隠れ、恐らく生贄となった人が捕らわれているであろう牢屋の様子を窺う。
すると、2人はすぐにあることに気が付いた。

「あ!? あいつ、さっき結女ちゃんのところにいた……!!」

「どうやら、さっきの部屋からこちら側に移動したようだな。それに……」

2人は先ほど結女を襲っていた男の他に2人の男が牢屋の中で何かを行っている姿を確認する。
牢屋の中には4人の男たちがおり、その中心には小柄な少女がいた。
少女は上はブラだけ、下は制服スカートの状態で膝立ちをするような形で拘束台の上にいた。
よく見ると、拘束台の上で足の指まで拘束された上、手は頭の後ろで組むような形で拘束されている。
男たちはそんな少女に群がるようにあらゆる角度から少女の脇腹、足の裏などをくすぐっていた。

「やっぱり、拷問の最中だったか」

「あれも、くすぐり……だよね?」

「あぁ。ここまで全ての生贄の人たちはあの拷問を受けていたな」

「とりあえず今回も待つしかないよね?///」

「あ、あぁ……」

2人は再び救出できる機会が訪れるまでその場で待機することに決めた。
この時、悠馬は少し不思議に思ったことがあった。
涼太のことだ。
先ほどの部屋で結女を救出する機会を待って居た時から、いや、それ以前にこの洞窟で最初の拷問を見た時からだ。
妙に涼太は、食い入るようにその拷問の光景を眺めていたのだ。
まるで自身も楽しんでいるかのように……。
だが、悠馬も最初は少しだけ興奮したということもあり、そう言ったことに興味があるのかと少しだけ納得していた。
今は考えるだけ無駄だろうと思った悠馬は、自身も機会を逃さぬように牢屋の中に目を向けることに集中した。

「きゃははははっ!! きゃははっ、そ、そこ弱いからぁっひひひひひひぃっ!!」

「優香ちゃんが弱いのはここだけじゃないよねぇ(笑)」

「こっちもでしょ? ほら、身体は正直だよ?www」

「ひゃっはっはっはっはっはっは!? あ、あしだみゃぁはっはははははははっ!!」

どうやらこの牢屋の中に居る少女は優香という名前らしい。
見たところ、先ほどの結女と同じほどの歳だろう。
幼い身体を激しく振り回しながらくすぐったさに笑い悶えている。

「え……優香……? ゆ、優香だっ!!」

男たちが呼んだ名前、そして聞き覚えのある声。
涼太はじっくりと少女の姿を確認する。
すると、その少女にも涼太は見覚えがあった。
いや、そんなものではない。
毎日のように顔を見ていた。

「あの子も涼太の知り合いか?」

「う、うん。昔から隣に住んでる……幼馴染ってやつ?」

「そうか……」

確かに優香も生贄に選ばれていた。
2人は再び声を出さぬように静かに様子を窺った。

「ほ~ら優香ちゃん、くすぐったいねぇ? でも、逃げられないよ~?(笑)」

「あははははははっ!! や、やめてぇっへっへっへっへ!! こちょこちょしないでぇっへっへ!!」

「それはできないなぁwww僕たちは優香ちゃんをくすぐるのが仕事だからなぁww」

「それにまだ足の裏と脇腹しかくすぐってないよ?」

「きゃはははははははっ!! いやぁっはっはっはっはっはっはっは!! こちょこちょだめなのぉ!! きゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「くすぐったがりなんだねぇ? いやぁかわいいなぁ~もっとくすぐっちゃうぞww」

すると1人の男はニヤニヤしながら優香の腋の下にスッと指を移動させ、もぞもぞと腋の下を擽り始めた。

「ほらほら腋がお留守だぞ~?」

「ひぃっ!? やだぁぁぁぁあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

その瞬間、優香は身体を今まで以上に大きく震わせて悶えた。

「だめぇだみゃぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やだぁあははははははははっ!! きゃーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「おぉ凄い反応だなぁ(笑) ここだね? この腋の下の窪みが弱いのかなぁ?(笑)」

「だひゃひゃひゃひゃひゃぁあひひひひぃっ!! よわいぃ!! よわいからぁあはははははははっ!! こちょこちょしちゃだみゃぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「コソバヤシさんの方ばかり反応されるのは悔しいな……そうだ。脇腹だったらツボだよねww」

脇腹をコチョコチョとくすぐっていた男は、何を考えたのか、優香の脇腹を鷲掴みにし、何やら指をもぞもぞと動かし始めた。

「おっ……ツボはここだなぁ♪」

男はもぞもぞと動かしていた指を止め、一か所に留めると、そのまま優しく揉みこむようにぐにぐにと動かし始めた。
すると優香は更に激しくくすぐったさに笑い悶えた。

「きゃぁぁあーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!?」

「おっ大正解www」

男は優香の反応をじっくりと見ながら執拗に脇腹のツボを刺激し続ける。

「いやぁあははははははははっ!! そ、それだめなやつぅっひひひひ!! ひぎゃぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! まってぇっへっへっへまっへぅひひひっひゃあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

「待つわけないでしょう?wwwほらっ、もっと激しくくすぐっちゃうぞ?www」

「やらぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! きゃはははははははっ!! いやぁははははははっ!! お、おねがいひますぅひひひひひっこちょこちょしにゃいれぇっへっへっへっへへっ!!」

「さぁ、君たちも遠慮せず足の裏をもっとくすぐってあげなさい」

「「はいっ先生!!」」

腋の下と脇腹をくすぐっている男たちよりも若い2人の男は、そう言われると更に優香の足の裏を激しくくすぐっていく。

「だみゃぁああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!? そ、そこもやらぁははははははっ!! だめぇひひひひひっ!! こちょこちょやなのった、たしゅけへっ!! きゃぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!」

幼い身体を執拗にくすぐられ続け、優香は涙と涎で顔をぐしゃぐしゃにしながら笑い悶え続ける。
動かない身体を必死に揺さぶって逃げようとするが、拘束された状態では無意味だった。

「あ、今逃げようとしたねぇ? じゃあブラも没収かなぁ?(笑)」

コソバヤシと呼ばれていた男はそう言うと、腋の下から指を離し、優香のブラのホックを外すと拘束されている手首の方に引っ張り上げた。
すると優香の膨らみかけの胸が男たちの前に露わになった。

「いやぁははははははははっ!! へ、へんたいぃっひひひひっ!! も、もどしてよぅっひひひひゃははははは!!」

「変態っていったなぁ? 本当はブラを取るだけで許してやろうと思ったのに、これじゃもっとお仕置きが必要だよねぇ(笑)」

コソバヤシは優香のその膨らみかけの胸の横に指をあてがうと腋の下から胸まで、そして胸の周りを一周して再び腋へとコチョコチョと指を動かしながら何度も何度も往復させる。

「いひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! ひぃっひひひひっそ、そっひもっ!? きゃぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

「うーん、やはり幼いと胸もくすぐったいだけみたいだなぁ」

「まぁまぁコソバヤシさん、そこはこれから開発すればいいじゃないですかwww」

「それもそうですな(笑)」

「じゃあそろそろ仕上げと行きますか」

男たちは一斉に最大出力で優香の身体をまさぐり始める。
完全に壊しに来たくすぐりに優香は狂ったように笑い悶える。

「やらぁははははははははっ!! も、もうだみゃぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! しんじゃうぅひひっ!! しんじゃうからぁあひひひひひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!!

息ができないほどに笑わされ、優香は顔を真っ赤にしながら訴える。
だが、男たちはニヤニヤしながら優香を徹底的にくすぐり続けた。

「ひゃははははははははっ!! だみゃぁははっ!! らめらっへひひひぃ!! ら、られかたしゅけっひぇっひひひひひひっ!! きゃあああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはーっ!! やみぇっこちょこちょやみゃぁっひひっひゃはははははっ!!」

最終的には笑う気力さえなくなり、優香は涎を垂れ流しながらぐったりとしてしまった。

「ひぃっ……くひっ……も、もう……わらえにゃぁぃ……ひぃひぃっ……はぁ……」

「よし、今日はここまでにしようか」

コソバヤシがそう言うと、全員が優香から手を離した。
そしてぐったりとする優香を牢屋に残したまま全員が牢屋を出ると、牢屋の奥にある通路へと足を進めていく。

「クスダさんも中々やりますなぁ(笑)」

「いえコソバヤシさんほどではwww」

「いやぁーさすが先生方だ!! なぁモリタ」

「えぇ、もう先生方はテクニックが素晴らしいですよ!!」

そんな事を話ながら4人は通路奥へと消えていった。

「優香ーっ!!」

涼太はすぐに優香のいる牢屋へと駆け寄った。
どうやらこの牢屋には鍵はかかっていないようだ。
やはり、生贄が拘束されているからであろう。
牢屋の扉を開け、2人は優香を救出する。

「……あ……りょーただぁ…………た……たしゅけへぇ……」

くすぐられ続け体力もないだろう。
優香は呂律も回らない状態だった。
2人は優香の拘束を解くと、近くにあった布切れを優香の身体にかけた。

「やっぱりこの子も連れていくのは難しいな。だけど意識は失っていないし、少しすれば体力も戻るだろう」

「じゃあ……結女ちゃんのところに」

「あぁ」

2人は一度優香を先ほどの結女を保護した場所に連れていき、隠すことに決めた。

「じゃあ、この子を隠したら奥へ進もう」

「うん!!」

これで救出できたのは3人となった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2017/08/09(水) 18:44:41|
  2. コラボ小説
  3. | trackback 0
  4. | comment 2

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Akris

Author:Akris
こんにちは~アクリスです
擽という名の性癖ジャンルを好んでおります
うん、レアだわ
淡々と小説を投稿したりしています
お気軽にお立ち寄りください^^

作業予定表


作成中SS


オリジナル


完成済みSS



企画段階SS ボツ可能性有
オリジナルシリーズ

カテゴリ

Designed by U-BOX


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。